« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月26日 (木)

背振山系全山縦走トレイルラン 2012年4月21日・22日

背振全山縦走を4月21日から22日に計画していました。

しかし19日の天気予報で雨、しかも暴風雨との予報に変わりました。

Sam_3
↑ 土曜日の夜から日曜日の午前中にかけて雨の予報

全山を一気に縦走すると、予定では20時間位かかります。土曜日の夕方19時出発で、到着が日曜日の15時予定です。出発して深夜・夜明け・午前中まで雨の中の行動となります。

雨でなければ一人でも行こうと思っていましたが、夜間雨の中一人では厳しいと考えていました。

今回は二人で行く予定でしたので、一緒に行くSOさんに行かれるかどうかの確認をしました。

普通の人は当然中止しましょうと言うと思います。

しかしSOさんは違っていました。  雨でもレースは中止にならないので行きましょうとの返事。

と言う事で、暴風雨の中縦走を決行しました。

201242122
↑ GPSデーター

コースはJR原田駅からJR福吉駅まで。

JR原田駅→基山(404.5m)→九千部山(847.5m)→蛤岳(862.8m)→背振山(1054.8m)→金山(967.2m)→井原山983m)→雷山955.3m)→羽金山900.3m)→女岳(748m)→浮嶽805.2m)→十坊山535.4m)→まむし温泉→JR福吉駅

距離:74.3km  累積標高差:+5227m  時間:22時間34分 荷物:6kg+ストック

Sam
↑ SUUNTO時計データー JR原田駅から三瀬峠まで

Sam_2
↑ SUUNTO時計データー 三瀬峠からまむし温泉まで

0008
↑ 18時36分 土曜日の19時出発予定でしたが雨なので少し早めました。 雨ですが、まだ小降りです。

0009
↑ 19時03分 基山の登山口に着いた時、暗くなったのでライト装着

0010
↑ 19時38分 基山到着 雨は降っていましたが、夜景は見えました。

0011
↑ 20時41分 柿の原峠通過

0012
↑ 21時25分 大峠通過

0013
↑ 22時14分 九千部山到着 風があるので休むと急速に体温を奪われます。

0007
↑ 23時43分 坂本峠通過

0018
↑ AM1時04分 蛤岳到着 風雨が強くなってきました

0019
↑ AM2時30分 背振山駐車場到着 まさしく暴風雨でした

0020
↑ 雨・風が強く、自販機で飲み物を買ってすぐ出発

0021
↑ AM3時29分 椎原峠通過

0022
↑ AM5時16分 金山到着 まだ暗いです

0023
↑ AM6時02分 三瀬峠手前で、ようやく空が明るくなってきました。まだ雨は止みません。

0024
↑ AM8時08分 井原山到着 絶景の場所ですが、今日は何も見えません。

0025
↑ AM9時05分 雷山到着 ガスっています

0026
↑ 9時28分 雷山スキー場の笹ですが、先日の強風で葉っぱがもぎ取られています。

0027
↑ 10時01分 長野峠通過 雨は止みました。

0028
↑ 10時49分 羽金山まで急な登りが続きます

0029
↑ 11時10分 巨大な鉄塔の羽金山へ到着

0030_2
↑ 天気も良くなり、風も弱くなりました。しばし休憩

0031
↑ 12時40分 荒川峠通過

0033
↑ 13時35分 女岳到着 脊振の自販機で買った、カルピスソーダがうまかった。

0034
↑ 13時56分 荒谷峠通過

0035
↑ 14時50分 浮嶽到着 海まで良く見えます

0036
↑ 15時08分 椿の赤が新鮮です この後道が2つに分かれていました。  右の道がメインの道とは分かっていたのですが、左の道を行ってもすぐに一緒になるだろうと思い、つい左の道を行ってしまいました。

0037
↑ 15時21分 しかしその道は、別の場所へ下ってしまいました。

2012422
↑ 浮嶽からの間違い道 随分遠回りをしてしまいました。

0038
↑ 15時58分 やっと白木峠へ到着

0017
↑ 16時28分 最後の山、十坊山へ到着

0016
↑ あとは福吉までの下りだけです!

0014
↑ 17時11分 まむし温泉でゴールです。

0015
↑ まむし温泉で汗をながし、ビールで乾杯をして、19時35分発の電車で帰りました。

雨と汗でウェアはビショビショ、また風速10m位なので止まると寒い。

登り道はいいのですが、下りになるとツルツル滑る。

雨と霧で、ライトを照らしても良く見えない。

悪条件の中時間は掛かりましたが、良い練習になりました。

しかしこんな天候の中、SOさんじゃなければ一緒に行ってくれる人は居ないと思います。

また走力もすばらしいです。

ありがとうございました。

2012年4月18日 (水)

背振トレイルラン後編 2012年4月15日 三瀬峠から十坊山

脊振山系全山縦走の為、後半の三瀬峠から十坊山トレランに行きました。(単独)

コースは三瀬峠→井原山(983m)→雷山(955.3m)→長野峠→羽金山(900.3m)→荒川峠→女岳(748m)→荒谷峠→浮嶽(805.2m)→白木峠→十坊山(535.4m)→中村登山口→まむし温泉→JR福吉駅

累積標高差+2332m  距離30km 時間8時間14分(三瀬峠からまむし温泉まで) 荷物6.0kg(水2.0kg)

三瀬峠をスタートですが三瀬峠までの交通機関がない為、峠まで車で送ってもらいました。

7時50分に自宅を出発、8時に福岡都市高速道路の西月隈料金所から入り、8時10分野芥で降りる。三瀬峠についたのは8時35分でした。都市高を走るとさすがに早いです。

2012415
↑ GPSデーター コース図

Sam
↑ SUUNTO時計データー

0008
↑ 8時36分 三瀬峠を出発 荷物は6.0kg(水2.0L)

0009
↑ 8時43分 すぐに舗装道に出るので、右に登って行く。フェンスに突き当たるので、フェンスの横を登って行く。

0010
↑ 9時11分 新村分岐 まっすぐ行く

0011
↑ 9時36分 山頂手前にある案内板

0012
↑ 9時38分 井原山山頂到着(登山者がいたので写真を撮ってもらいました)

0013
↑ 山頂からは福岡市や海が見えます。背振山系の中で景色は、ここからが一番良いと思います。

0014
↑ 山頂から左下に古場へ下る道があります。こちらに行くと雷山には行けません。

0015
↑ 9時44分 左上に雷山への道があります。

0016
↑ 10時06分 昨年来たときは笹の藪こぎでしたが、今回はきれいに整備されていました。

0017
↑ 10時19分 雷山までは、わりと走れるコースです。

0019
↑ 10時27分 雷山山頂到着 

ここにトレラン風の二人の男性の方が休憩してありました。話をすると私と同じ三瀬峠から十坊山まで縦走されるとの事で、熊野古道の100kmに行く為に練習に来たとの事でした。地図は持ってありましたが初めてのコースとの事で、大丈夫かなと思いました。

0018
↑ 雷山から見る、これから行くコース 

左の鉄塔が建っているのが羽金山、その稜線に見えるのが浮嶽、女岳で右端が十坊山です

0020_2
↑ 10時39分 山頂から雷山スキー場を下り、奥の白い建物の左が縦走路です。

0021
↑ 10時44分 白い建物の左奥に長野峠へ下る道があります。(フェンスの右側を下ります)

0022
↑ 10時53分 途中左へ入る道がありますので、真直ぐ下らないで左へ行きます。

0023
↑ 11時03分 長野峠到着 車道を右へ行きます。

0024
↑ 11時07分 車道を登って頂上まで行くと福岡県の看板がありますので、その先から左が登山道です。

0025
↑ 羽金山への登山道です(糸島市の看板あり)

0026
↑ 11時54分 羽金山までは急登が続きます。

0027
↑ 12時07分 フェンスに突き当たりますので、フェンス沿いに右方向へ行きます。

0028
↑ 12時14分 羽金山の門の前に到着(山頂ではありません)

日本標準時のデータを送信する標準電波の送信施設(送信所)で、羽金山の他には福島県におおたかどや山標準電波送信所があり、二つの送信所で全国を網羅している。

フェンスにインターフォンがあり、連絡すると中に入れてもらえます。フェンスの所からさらに登っていくと山頂があります。(中に入ると住所・氏名を記帳しなければなりません)

0068
↑ もの凄く大きなアンテナです(昨年の写真) 

0069
↑ 羽金山の山頂です(昨年の写真) 

0070
↑ 木がないので景色は良いです(昨年の写真)

0029
↑ 12時24分 フェンスの右から下ります

0030
↑12時44分 右に白糸の滝の分岐がありますので、左方向へ真直ぐ行きます。

0031
↑ 13時26分 道がわかりにくい所ですが、標識があります。

0032
↑ 13時29分 荒川峠へ到着 車道を横切ります。

0033
↑ 車道を斜めに横切ると、女岳への道があります。

0034
↑ 14時12分 急坂を登って女岳へ到着

0035
↑ 女岳からの眺め

0036
↑ 14時18分 女岳からの急な下り

0038
↑ 14時25分 荒谷峠 車道を右に行きます

0039
↑ 14時26分 分れ道は左です 正面に古びた標識あり

0040
↑ 14時27分 右に登山道があります

0041

↑ 14時29分 登山道上から見た所(前回は伐採されていませんでした)

0042_2
↑ 14時52分 浮嶽まで急登が続きます

0043
↑ 14時56分 林道からの道と合流

0046
↑ 15時06分 浮嶽神社上宮

0045
↑ 眼下には海

0047
↑ 神社の下に亀がいました

0048
↑ 15時18分 神社から一段下った所に道が2つに別れています。 白木峠には右の道を行きます。

0050
↑ 15時37分 杉の樹林帯の中のトレイル

0051
↑ 15時46分 白木峠に到着 道路を渡った所が十坊山への登山道です

0052
↑ 15時47分 十坊山は登山口  とんぼやまと読みます

0053
↑ 15時53分 途中の標識です 急登が続きます

0054
↑ 16時12分 十坊山到着 桜が咲いていました

0055
↑ 岩の上が頂上です  鎖で登ります

0056
↑ 左奥が雷山、真中が女岳、右が浮嶽です

0057
↑ 岩の上からの景色がスバラシイです。

0058

0059_3
↑ 16時30分 落葉のクッションの道を下ります

0060
↑ 16時37分 走りやすい下りが続きます

0061
↑ 16時421分 舗装道に出ました

0062
↑ 16時42分 道なりに右へ行くと浅井田、ここを左に入ります。 中村登山口方面の標識があります。

0063
↑ 14時46分 直進します

0064
↑ 16時51分 車道にでました まむし温泉へは右折します

0065
↑ 十坊山入口の標識があります

0066
↑ 16時54分 まむし温泉へ到着

0007
↑ 18時34分 JR福吉駅(歩いて20分位)から帰宅しました

前回JR原田駅から背振まで、そして今回三瀬峠からJR福吉駅まで走りました。

今度はJR原田駅からJR福吉駅まで一気に行く予定です。(予定では18〜20時間位)

2012年4月13日 (金)

福智山トレイルラン 2012年4月8日 採銅所から皿倉山

福智山トレイルランに行きました。 (コースは採銅所から皿倉山までで、カントリレースと同じコースです)

採銅所→牛斬山→焼立山→赤牟田の辻→福智山→尺岳→双伍山→建郷山→権現山→皿倉山

201248_2
201248_3


Sam
↑ SUUNT時計データー 累積標高差+2108m 距離25.2km 時間 6時間53分

0008
↑ 自宅をAM6時30分出発 JR宇美駅6時45分発の列車に乗り長者原駅で篠栗線、新飯塚駅で後藤寺線、田川後藤寺駅で日田彦山線に乗り8時46分に採銅所駅に到着。

0009
↑ 駅のホームからは、桜と菜の花がキレイでした。

0010
↑ 今日のメンバーは、小原さんヤップさん典子さん由美の5名です。

0011
↑ 8時56分に採銅所駅を出発

0012
↑ 途中の民家に見たこともない花が咲いていました。オレンジ色で丸いボール。小さな花でボール状になっています。

0013
↑ チューリップもありました。

0014
↑ 9時12分 登山口に到着

0015
↑ 牛斬山のコルまでは登りが続きます。

0016
↑ 9時44分 牛斬山のコルに到着 ここで私だけ牛斬山に登ります。

0017
↑ 9時47分 牛斬山到着

0018
↑ 山頂からは削られた香春岳が見えます。(白い所が現在も削られている一ノ岳、左が二ノ岳、少し写っている所が三ノ岳)

0019
↑ 10時18分 福智山山までは登りが続きます。0020
↑ 10時30分 焼立山に到着 今回は由美の荷物も持った為、登山用のリックを担いできました。 リックの重さは10kgあります。

0021
↑ 10時41分 胸突八丁の急斜面、念仏坂を下る。

0022
↑ 10時48分 念仏坂を下った所に、右側から林道が出来ていました。

0023
↑ 11時01分 またしても右側から林道が、せっかくのコースが台無しです。

0025
↑ 11時24分 エイドタイム

0026
↑ 11時33分 天気が良いので福智山もたくさんの人です。

0027
↑ 11時37分 福智山到着(900.8m)今回の最高地点です

0028
↑ 福智山からの景色はすばらしい!

0029
↑ 11時43分 福智山から尺岳方面へ下った所にある荒宿荘で、山岳会の方が山開きをやってあり、餅をついてありました。 ここで大休止。

0030
↑ 12時12分 皿倉山に向け出発 ここからは下りベースです

0031
↑ 12時19分 烏落到着  わかりやすい看板です(福智山から皿倉山までの地図)

0032
↑ 13時01分 尺岳(608m)に到着

0033
↑ 尺岳からの眺めも大変良い(眼下は金剛山)

0034
↑ 13時22分 気持ちの良いトレイル

0035
↑ 13時29分 田代分れ

0036
↑ 13時38分 下りベースのトレイルが続きます。

0037
↑ 14時08分 斜面に作られた登山道

0038
↑ 14時09分 双伍山400mの標識があったので登ってみました。

0039
↑ 14時17分 急な登りが続き山頂へ行きましたが、林の中で何も見えませんでした。登る価値なし。

0040
↑ 14時39分 整備された木道

0041
↑ 14時42分 建郷山の標識があり、ここも登ってみました。

0042
↑ 14時45分 建郷山山頂 ここも登る価値なしです。

0043
↑ 14時49分 斜面のトレイルが続きます

0044
↑ 14時56分 車道へ出ました

0045
↑ 14時57分 市ノ瀬峠

0046
↑ 権現山周回道路を経て皿倉山まで3.4km ここからは登りです。

0047
↑ 15時25分 権現山への登り

0048
↑ 15時27分 権現山周回道路へ出ましが、周回道路は行かずに権現山へ登ってみました。

0049
↑ 15時37分 権現山の神社

0052
↑ 15時41分権現山山頂

0053_2
↑ 権現山から皿倉山

0055
↑ 15時50分 皿倉平到着

0054
↑ 自販機で飲み物を買って休憩

0057
↑ 皿倉山からはケーブルカーで下山しました。

0007
↑ 先に八幡駅まで小原さんが、車を取りに行ってくれました。感謝! その後天神の湯まで行き、汗を流して帰宅しました。天気も良く素晴らしいコースでした。今度は往復をやってみようと思います。

 

2012年4月 4日 (水)

背振山トレイルラン 2012年4月1日 基山から脊振山

脊振山系全山縦走の為、前半の基山から金山トレランを計画しました。

コースはJR原田駅→基山(405m)→柿ノ原峠→大峠→九千部山(848m)→三領堺峠→七曲峠→坂本峠→永山峠→蛤岳(863m)→脊振山(1055m)→矢筈峠→椎原峠→小爪峠→金山(967m)→湧水千石の郷→内野→天神  

天神で予定がある為、金山に15時・天神に18時までに着の予定

しかし途中道を間違ったりした為、金山行きを断念し矢筈峠から椎原へ下りました。

累積標高差2389m  距離39.2km 時間8時間52分(JR原田から椎原バス亭まで) 荷物5.1kg(水1.5kg)

201241
↑ GPSデーター(距離39.2km)

Sam
↑ SUUNTO時計データー(累積標高差+2389m)

0008
↑ JR宇美駅の始発5時28分に乗り原田駅に6時45分に到着、7時3分スタート

0009
↑ 7時12分 鳥栖筑紫野道路と九州縦貫道のガードを越え、十字路を真直ぐ養鶏場の方向へ向う  (この十字路を右折して池の手前を左折しても可)

0010
↑ 7時19分 養鶏場を越え、狭い道を真直ぐに進むと林道に出ます。ここを左折します。

0011
↑ 7時25分 林道上原田線終点の杭がありますので、右方向へ真直ぐ行きます。

0012
↑ 7時27分 右の階段が基山の登山道です。

0013
↑ 7時31分 お滝の行場を通過

0014
↑ 7時57分 礎石群 (ここに来るまでたくさんの分れ道が有り、わかりにくい)

0015
↑ 7時57分 基山到着 眺めはとっても良いです

0017_2
↑ 8時 頂上から基山草スキー場を下ります (下って右方向へ行く)

0018
↑ 8時2分 柿ノ原峠の標識がある所から舗装道を行きます。

0019
↑ 8時32分 古屋敷集落から車道を離れ右に登って行く。

0021
↑ 8時34分 民家の間を登っていくと、石畳のトレイルになります。

0022
↑ 8時42分 杉の木が沢山倒れていました(雪・風?)

0023
↑ 8時44分 柿ノ原集落へ出ますので、舗装道を右折します。(ここの民家は犬をたくさん飼ってあり、いつも吠えられます)

0024
↑ 8時47分 柿ノ原峠の手前から左折

0025
↑ 8時49分 天心園の手前から、左へ登る山道へ入る。

0026
↑ 8時51分 天心園を右に見ながら登って行きます。

0027
↑ 9時22分 大峠へ下る階段

0028
↑ 階段を下ったら右へ行きます。

0029
↑ 9時24分 大峠から九千部山を目指す2.8km

0030
↑ 9時43分 萬歳寺へ行くT字路を右折(九千部山から大峠へ下る時は要注意)

0031
↑ 10時15分 九千部山到着(JR原田駅から3時間12分)

0032
↑ 10時59分 三領堺峠 七曲峠方面へ右折(九千部山から下る道を間違えて20分ロスタイム)

0033
↑ 11時22分 七曲峠到着 左へ舗装道を少し下ると坂本峠へ行く登山道があります。

0034
↑ 11時36分 舗装道へ出たら左へ登って行きます。

0035
↑ 11時39分 坂本峠到着

0036
↑ 12時24分 蛤岳へ向かって登って行きます。

0037
↑ 12時35分 蛤水道の横を通過

0038
↑ 12時50分 蛤岳到着

0039
↑ 13時21分 蛤岳から2.4km、脊振山まで1.7km

0040
↑ 13時40分 整備された階段を下る。

0041
↑ 13時44分 気持ちの良い木道が続く

0042
↑ 13時49分 脊振山に向う最後の階段

0043
↑ 13時52分 脊振山駐車場到着(九千部山で20分位ロスタイムがありましたが、JR原田駅から6時間49分) ここには自動販売器があります。 左へ下り広場の奥に水道もあります。

0044
↑ 基山から脊振山までの標準コースタイムは10時間30分

0045
↑ 脊振山から下りで、車道を横切らなければいけない所を間違って下ってしまいました。2km位下った為45分ロスタイム。 天神到着の時間制限がある為金山行きを断念。 矢筈峠から椎原へ下る事としました。 14時52分、間違った場所まで戻る。

0046
↑ 14時59分 矢筈(やはず)峠到着

0047
↑ 15時3分 道から、ステンレスの梯子を下る

0048
↑ 15時10分 川沿いの不安定な岩場を一気に下る。

0049
↑ 15時33分 車谷登山口まで降りてきました。登りは110分となっています。

0050
↑ 案内板

0051
↑ 15時37分 椎原まで舗装道を下る。

0052
↑ 15時52分 椎原バス亭到着

0007
↑ バスの本数は少ないですが、ちょうど16時6分発のバスがありました。 この後脇山小学校で天神行きのバスに乗り換えて、天神の湯に行きました。

このコースは何度かに分けて試走したのですが、ちょっとした不注意で道を間違えてしまいます。また公共交通機関も限られています。水場もありませんので荷物も重くなります。時間に余裕をみて走って下さい。