« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

2012年 UTMF出発

2012年5月17日、UTMF出場の為福岡を出発しました。

レースは18日15時スタートですが、17日(木)朝8時の飛行機で羽田へ出発。

羽田着9時40分、羽田からは予約していた富士急行バスで河口湖までノンストップ。

羽田発10時15分で河口湖着が12時30分(料金2.400円)

Sam_005
↑ UTMFのパンフレット

Sam_002
↑ UTMFコース概要

0002
↑ 福岡発8時のANA242便 ジャンボ機でさすが翼も長い

0003
↑ 羽田発10時15分の富士急行バス 平日と言うこともあり乗客は9名でした。


0004
↑ 車内からは少しですが富士山が見えました。

0005_2
↑ 12時37分 河口湖駅に到着 駅から歩いて10分位の所にあるファミレスで食事をしてからホテルへ向う。

0006
↑ 13時47分 ホテルへ荷物を置き、受付へ

0007
↑ UTMBディレクターのカトリーヌさんも受付にいらっしゃいました。 13時からの受付でしたので、たくさんの外人さんが来ていました。

0010
↑ 受付はゼッケンナンバーごとの分かれていました。 一番右側に外国人専用の受付がありました。

0009
↑ 受付の横で装備品チェックがあります。 私は装備品を持って来てなかったので、ホテルに帰り、後でチェックを受けにきました。

0008
↑ トレーに装備品を入れて、一個一個チェックを受けます。

0079
↑ 今回の参加賞はTシャツとゴアテックスの小物入とバンダナ?UTMFのロゴが入った反射バンドです

0011
↑ 夜は歩いて10分位の所に大型スーパーがありますので、そこで食料を買いました。

0001
↑ 夜は9時までの営業です。

0012
↑ 本日の夜と明日の朝・昼分の食料を買いました。

0014
↑ 翌日18日14時27分 こどもの国行きの荷物を預ける。 この大型トラックが2台ありました。

0015
↑ ゴール地点の荷物預り所

0016
↑ スタート&ゴールゲート

0017
↑ 14時30分より開会式 (鏑木さんの挨拶中)

0018_2
↑ 会場で知り合いを探しましたが、沢山の人で見つける事が出来ませんでした。

偶然近くで、福岡から来てあった判さんとお会いしました。彼女はOSJトレイルランニングシリーズの女性チャンピオンです。(今回のUTMFの結果は女性6位でした スバラシイ!)

  ※レースの詳細は後日

2012年5月24日 (木)

二丈岳 ブランチ トレラン 2012年5月13日

萩とUTMFの合間をぬって、二丈岳へブランチトレランに行きました。

2012513jrjr
↑ JR大入駅から加茂ゆらりんこ橋を渡り、二丈渓谷遊歩道を通り、二丈岳へ登ります。  二丈岳からはきららの湯まで下り温泉に入り、JR深江駅から帰るコースです。

距離 11.5km  累積標高差 725m

Sam_001
↑ SUUNTO時計データー 頂上での休憩がほとんどです。

0004
↑ 8時50分JR大入駅を出発 途中、志自岐神社に登山道のマップがありました

0005
↑ 途中の無人販売所で、きゅうり(5本入り)とみかん(3個入り)を買いました。 どちらも100円でしたがとても美味しかったです。

0006
↑ 9時36分ゆらりんこ橋到着  今日の荷物の重さは12kgでしたが、きゅうりとみかんが入った為、13kgになりました。

0007
↑ 9時50分 二丈渓谷遊歩道を登ります。

0009
↑ 登山道の右側は気持ちの良い渓谷です。

0010
↑ 10時09分 加茂神社到着

0011
↑ 10時19分 少し林道を行き登山道に入ります

0012
↑ 10時21分 木の根が張りめぐる登りです

0013
↑ 10時35分 登りから平坦な場所にでます

0014
↑ 10時46分 短いですがまた急登があります

0015
↑ 10時50分 二丈岳の頂上に到着

0016
↑ 頂上は岩場です

0017
↑ 後には、女岳(左側)・浮嶽(中央)そして、右奥に小さく見えるのが十坊山です

0018
↑ 美女3人組 景色にも負けていません

0019
↑ 二丈岳には初めて登りましたが、こんなに景色の良い所とは知りませんでした。

0020
↑ 早速景色の見える場所でブランチの準備です。

0021
↑ 準備をしながら、まずは乾杯!

0022
↑ いろいろ美味しい物がでてきます。

0023
↑ メインはワイン(白と赤)と、生ハム・チーズ・フランスパン この為に重い荷物を担ぎ上げました。 

0024
↑ 最後はホットドリップコーヒーで終了 結局2時間ちょっと頂上に居ました。

0001
↑ 最後に記念撮影をして下山です 酔っ払って大丈夫?

0002
↑ 12時54分 けっこう急斜面です

0003
↑ 13時45分 きらら乃湯到着

この後温泉に入りJR深江駅から帰宅しました。

二丈岳は初めて登りましたが、景色の良さに感動しました。

誘って頂いた皆様、ありがとうございました。料理もとても美味しかったです。

また何度も企画しましょう!

 

2012年5月17日 (木)

第24回萩往還マラニック250km 平成24年5月

平成24年5月2日から4日に、萩往還マラニック250kmに参加して来ました。

昨年は10回完踏の記念品を頂きました。

0001
↑ 10回完踏の表彰状とトロフィーです

250kmには、平成12年の第12回大会から連続13回出場しています。

Sam_002

↑ 今年の選手名簿に名前が載っていました。(マラニックの部 A250km 10回完踏 歴代達成者) 昨年で11回完踏です。

0008
↑ 昨年と同じで、熊本のテレットの方と一緒にバスをチャーターして参加です。

0007
↑ バスには萩往還250km完踏様と書かれていました。(完踏しないと帰りは乗れない!)


0003
↑ 瑠璃光寺に着いた時は雨はあがっていました。

0004_2
↑ 受付を済まして、各自スタートの準備です。

0005
↑ しかし16時頃雨が降り出しました。

0006
↑ 東屋があってよかった! この後スタート直前まで雨が降っていました。

0011
↑ スタート、ゴールの瑠璃光寺

0002_2
↑ 瑠璃光寺の五重塔

0015
↑ 今年の参加賞のLEDライト(手回しで充電します)

0017
↑ 今年の点滅ライトはブルーでした(右は昨年分のグリーン)

0016
↑ なかなか優れ物で、5個のLEDが付いています。

0014
↑ 左が今年の完踏メダルで右は昨年分です。 一回り大きくなっていました。

今回、と言うよりもう随分も前からカメラは持って行っていません。(最初の時は持って行って、いろいろ写真を撮っていましたが) と言う事で途中の走っている写真がありません。 すみません。

Sam_003
↑ 結果、今年で萩往還250kmは、12回目を完踏できました。

13回出場して12勝1敗です。

12回完踏して8回位は足に豆が出来ました。今回は豆は出来なかったのですが、胃の不調で苦しみました。

毎年何かがブレーキとなり、いつも完踏レベルのタイムです。

来年こそは、良いタイムで完踏出来る様に頑張りたいと思います。

2012年5月10日 (木)

宝満山トレラン&萩壮行会 2012年4月29日

萩往還まで3日になりましたので、壮行会と練習会を行いました。

コースは昭和の森から草ケ谷ダムの横を通り、河原谷を登って仏頂山・宝満山へ行き、うさぎ道を下り昭和の森へ戻るコースです。

昭和の森では本日山開きが行われており、沢山の車と人でした。

駐車場がいっぱいでしたので、少し上まで上り車を止め、9時30分スタート。

0016
↑ 9時45分 石楠花の咲いている道を登り記念写真。 総勢10名!

0017
↑ 9時55分 河原谷へ登るトレイル

0018
↑ 10時16分 途中、川を渡ります。

0019
↑ 10時24分 石段のトレイルが続きます。

0020
↑ 10時38分 難所ケ滝の分岐から上は、急斜面です。

0021
↑ ストックの練習中

0023
↑ 10時56分 稜線へ出ると気持ちの良いトレイルです。

0024
↑ ストックの先は前へ向けましょう。 良く出来ました!

0025
↑ 10時58分 仏頂山手前の登りです。

0026
↑ 10時59分 仏頂山で記念写真

0027
↑ 11時05分 宝満山前の岩場 右側は鎖で登れます。

0028
↑ 11時08分 左側は両手両足を使って登ります。

0007
↑ 11時17分 宝満山山頂  トレラン女子部7名、皆さん良い笑顔です。

0008
↑ 11時24分 下りも大変です。

0009
↑ 11時40分 うさぎ道の下り  枯葉が滑ります

0010
↑ 11時50分 河原谷へ合流

0011
↑ 11時53分 全員戻ってきました

0012
↑ 昭和の森を下り須恵で風呂に入り、14時から萩の壮行会&懇親会開始

0013
↑ 男性は裏方で焼き係りです ありがとうございます!

0014
↑ トレランの事などで話がはずみました。

0015
↑ 結局、2時から暗くなるまで飲んでいました。

 お疲れ様でした。

今回萩往還には250Kmに3名、140Kmに3名参加です。

結果 250Km参加の3名→3名完踏 140Km参加の3名→ 1名完踏

今回惜しくも完踏出来なかった2名の方も、貴重な経験が出来たと思います。

何事も参加しないと始まりません。来年の完踏目指して今から練習を再開しましょう!