« 九重山 ミヤマキリシマ観賞トレランNo2 2012年6月10日 | メイン | 由布岳登山 2012年6月17日 »

2012年6月21日 (木)

平治岳 ミヤマキリシマ 2012年6月10日

2012年6月10日に行ったミヤマキリシマ観賞トレランの、平治岳の写真です。

2012610gps
↑ 全行程図

2012610
↑ 平治岳 詳細図

0006
↑ 坊ガツルに着いた時は、平治岳はガスの中(早朝)

0007
↑ 大戸越から平治岳方面、まだガスの中です。

0008
↑ 登って行くと上の方は晴れてきました。

0009
↑ 登る途中からの黒岳

0010
↑ 大船山方面

0011
↑ 南峰から本峰方面

0012
↑ 平治岳本峰頂上は、花はあまりありません。

0013
↑ 頂上から三俣山方面の西斜面に群生しています。

0014
↑ 北側は雲が厚いです

0015
↑ 南側の大船山方面です

0016
↑ 坊ガツルも見えます。

0017
↑ 黒岳と大船山

0018
↑ 南斜面から本峰を見上げる。

0019
↑ 斜面一面に咲いています。

0020
↑ 本峰から見る南峰です。

0021
↑ 南峰に向け花の道が出来ています。

0022
↑ 雲に浮かぶ黒岳です。

0023
↑ 本峰下りから、三俣山と西斜面

0024
↑ 本峰下りからの南峰

0025
↑ 満開の花

0026
↑ 色の違った花もあります。

0027
↑ 本峰西斜面を振り返る

0028
↑ 南峰西斜面と本峰西斜面

0029
↑ 南峰から見る本峰西斜面、ピンク色に染まっています。

0030
↑ 南峰から見る、雲に浮かぶ黒岳

0031
↑ 三俣山と南峰西斜面

0033
↑ 南峰西斜面、雲海が綺麗です。

0034
↑ 南峰西斜面と本峰西斜面

0035
↑ 三俣山と南峰西斜面

0036
↑ 南峰西斜面から見上げる南峰

0001
↑ 南峰から大戸越に続く斜面

0002
↑ 南峰から本峰西斜面

0003
↑ 下山途中から南峰を見上げる。

0004
↑ 下山途中からまた雲が出てきました。

0005
↑ 大戸越に降りた時は、上の方もガスに覆われていました。

先週6月3日に登った時は山全体がガスに覆われていて、なにも見えませんでした。花も蕾が多かったです。

しかし一週間でみごとに開花していました。また天気も良く綺麗なミヤマキリシマが見れました。

早く登ったので登り下りの渋滞もなく、ゆっくり平治岳を満喫できました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/547352/29264005

平治岳 ミヤマキリシマ 2012年6月10日を参照しているブログ:

コメント

どれもいい写真ですね!!三俣山と南峰西斜面の写真が一番すきですヽ( ´ ▽ ` )ノ

九重のトレランのコースをあれこれ考えますが、あれもこれもと欲張ってしまい、なかなかまとまりません。

三俣山を含めた何かよいコースがあれば、教えてください。あ、ちゃんとレベルを考慮してくださいね(笑)

さっち~ さん

九重はどんなコースでも組めます!
スタート&ゴールの場所は、長者原か牧ノ戸峠。
お薦めの山は①星生山②大船山③三俣山です。

この3山を入れると
牧ノ戸峠→大曲→諏蛾守越→三俣山→諏蛾守越→法華院温泉→坊ガツル→大船山→坊ガツル→白口岳→星生山→牧ノ戸峠

2山の時は
牧ノ戸峠→大曲→諏蛾守越→三俣山→諏蛾守越→法華院温泉→白口岳→中岳→天狗ケ城→久住山→星生山→牧ノ戸峠

長者原→雨ケ池越→坊ガツル→大船山→坊ガツル→法華院温泉→諏蛾守越→三俣山→諏蛾守越→長者原

とかどうでしょう。

ありがとうございます。大船山も行ったことないです^^。
せっかく行くのですから、3山行きたいとこです。

場合によってはショートカットもできますよね。

だいたいの距離と累積標高ってわかりますか?

さっち~さん

牧ノ戸からの三俣山・大船山・星生山をいれた周回コースで、距離20km・累積標高差1900m・時間10時間位かな?

コメントを投稿