« 由布岳登山 2012年6月17日 | メイン | UTMF記録証(2012年5月18日〜20日) »

2012年6月28日 (木)

背振全山縦走 2012年6月23日から24日

2ヶ月前の4月21日〜22日に背振全山縦走をしましたが、今回第2回目の背振全山縦走を実施しました。

今回のメンバーは、STY21位でサブスリーランナーの織田さん、長崎からUTMF45時間台の川口さん・38時間台の岩永さん・45時間台の中ノ瀬さん、久留米のサブスリー・サブテンランナーの塚本さんと私の6名です。

よくこれだけのメンバーが6名も集まったと思います。  走力も皆さん素晴らしく、さほど遅れる事なく一緒に行動出来ました。

週間天気予報では、曇でまずまずの天気でしたが、直前で雨マークに変わりました。  前回は暴風雨でした。 今回はそこまで悪くないだろうと思っていました所、結果風はなっかたものの、ものすごい雨で大変でした。

そして落葉だけでも滑るのに、雨で濡れた土も一緒に滑っていきます。  縦走路も小川のように雨が流れていて、油断すると登りも滑ります。

ゴアテックスのカッパを着ていても汗で中はビショビショで、靴の中も同じです。

結果JR原田駅を23日(土)18時06分に出発し、まむしの湯に24日(日)16時03分に到着

累積標高差5116m 距離72.3km 時間21時間57分 でした

2012625jr
↑ JR原田駅から柿ノ原峠

2012625
↑ 柿ノ原峠から坂本峠

2012625_2
↑ 坂本峠から背振山

2012625_3
↑ 背振山から金山

2012625_4
↑ 金山から井原山

2012625_5
↑ 井原山から長野峠

2012625_6
↑ 長野峠から荒川峠

2012625_7
↑ 荒川峠から白木峠

2012625_9
↑ 白木峠からまむしの湯・JR福吉駅

2012623
↑ SUUNTO時計データー 累積標高差が5000mを超えるとさすがにすごい!

0001
↑ 18時06分JR原田駅をスタート この時はまだ雨は降っていません UTMF完走の4名とサブスリーランナー2名です

0002
↑ 18時33分 基山登山口まで歩きでウォーミングアップ

0003
↑ 18時59分 基山に到着 その後草スキー場を下り舗装道を走ります

0004
↑ 19時35分 舗装道からトレイルに入ります 暗くなりかけましたので、ここでライトを装着

0005
↑ 19時56分 柿ノ原峠に到着 ここから天心園に向かう道を進み、左へ登る登山道を行く

0006
↑ 20時37分 大峠に到着 ここから九千部山への登りです

0007
↑ 21時23分 九千部山へ到着 山頂から七曲峠へ行く道がわかりずらい

0008
↑ 22時29分 七曲峠到着 左へ少し下ると右に坂本峠へ行く登り道がある

0009
↑ 22時55分 坂本峠へ到着 ここから蛤岳へ登ります

0010
↑ 0時00分 蛤岳へ到着 少し雨が降ってきました ここから背振山へ縦走です

0011
↑ 1時20分 背振駐車場へ到着

0012
↑ 1時28分 自販機で飲み物を購入(途中一箇所しかない自販機です)

0013
↑ 1時49分 雨が激しくなったので下の東屋へ避難、屋根がある建物があって助かります   この東屋のすぐ横に水道があります 各自3Lから4L補給   ここでカッパを着て出発です 

0014
↑ 2時37分 椎原峠へ到着 雨は降り続けます

0015
↑ 4時18分 金山へ到着 後続を待ってすぐ下山します

0016
↑ 5時25分 三瀬峠へ到着 相変わらず大粒の雨です ここで大体中間地点です 時間は11時間19分

0017
↑ 6時51分 井原山へ到着 天気が悪いので景色は何も見えません

0018
↑ 7時26分 雷山へ向う途中 笹がだいぶ茂ってきています

0019
↑ 7時54分 雷山へ到着 この後岩永さんが足の不調の為、雷山観音へ下られました

0020
↑ 8時51分 長野峠へ到着 今度は手ごわい羽金山です

0021
↑ 10時21分 羽金山へ到着  ここから荒川峠へ下りますが、この途中の道がまたわかりにくい

0022
↑ 11時38分 荒川峠へ到着 舗装道を挟んで女岳の登山口があります

0023
↑ 12時41分 女岳へ到着 あと残りは浮嶽と十坊山の2山です

0024
↑ 13時02分 荒谷峠へ到着  浮嶽へは、右へすすみY字を左折して暫く行くと、右手に登山道があります

0025
↑ 13時49分  浮嶽の神社の横に避難小屋があり、ここで後続を待ちます 

0026
↑ 雨はますます強くなりましたが、あと残り1山です

0027
↑ 14時54分 白木峠へ到着

0028
↑ 15時03分 十坊山の登りですが、登山道が川になっています

0029
↑ 15時23分 最後の山、十坊山へ到着

0030
↑ 16時03分 まむし温泉へ到着  ゆっくり温泉へ入り、長崎組の方の車でJR福吉駅まで送ってもらい帰宅しました

2ヶ月前の4月に行った時より、草が茂り枝も垂れ下がり進みにくくなっていました。来月以降はもっと厳しくなると思われます。

これだけのコースになると、走力の差が出てなかなか一緒に行動できません。 またこの悪天候です。  しかし流石に皆さんトレーニングを積んであって、無事一緒にゴール出来ました。

今回も非常にキビシイ条件の中、貴重な経験が出来ました。 今後の悪天候のレースで活かされると思います。  お疲れ様でした!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/547352/29293285

背振全山縦走 2012年6月23日から24日を参照しているブログ:

コメント

先日は参加させて頂き、ありがとうございました。皆さんをお待たせすることが多くて申し訳ありませんでしたが、個人的にはUTMBに向けて貴重な練習ができました。UTMBは同じバスでシャモニーに乗り込む予定ですので、またよろしくお願い致します。

中ノ瀬さん

ただでさえ厳しい縦走路ですが、雨だと難易度が倍増します。
このコースを22時間で完走すれば自信を持っていいと思います。

UTMBはこれの約倍です! 単純に倍して44時間、UTMBの完走タイムが46時間、このペースで行って完走ギリギリですかね!

今月しっかり練習すれば完走出来ると思います。
特に登りを練習されたらいいと思います。(5kg位のリックを背負って)

ジュネーブでお会いしましょう。

先日はお疲れ様でした。
あそこまでのアドベンチャートレイルは初めてでしたが、楽しくいけました。みなさんに感謝です!

9月の伊都国ウルトラ100キロと11月のOSJ八ヶ岳100マイルはどうにか時間内に完走したいです。

まだ、ウルトラのような長距離、長時間走はよく分からないことが多いです。色々とお世話になります。

織田 さん

皆さんの走力が素晴らしかったので、大きく離れる事なく一緒に行動出来ました。ありがとうございます。  コースはこれから夏にかけて、藪こぎが多くなりわからなくなっていくでしょう。 今度出来るとしたら来年ですかね。

伊都国・八ヶ岳は、織田さんの走力でしたら問題はないでしょう。

私は48時間位のウルトラやトレランの経験は人一倍ありますので、わからない事は何でも聞いて下さい。

7月16日の九重全山縦走頑張りましょう。
こんどは天気だといいですね!

コメントを投稿