« 萩往還・UTMF・阿蘇 反省会&壮行会 2012年5月27日 | メイン | 九重山 ミヤマキリシマ観賞トレランNo2 2012年6月10日 »

2012年6月 8日 (金)

九重山 ミヤマキリシマ観賞トレラン 2012年6月3日

6月3日の九重山の天気を確認した所、曇で昼15時からは晴れとの予報でしたので、ミヤマキリシマを見に行きました。

0052
↑ 立中山のミヤマキリシマ①

0050
↑ 立中山のミヤマキリシマ②

0051
↑ 立中山のミヤマキリシマ③

2012603
↑ GPSデーター

コースは長者原スタートで、雨ケ池越→坊がつる→大戸越→平治岳→大戸越→北大船山大船山→坊がつる→法華院温泉→鉾立峠→立中山→鉾立峠→白口岳鳴子山稲星山久住山肥前ケ城扇ケ鼻星生山硫黄山→北千里ケ浜→諏蛾守越→三俣山本峰→三俣山北峰→指山→長者原 の周回コースです。

九重山の14峰を巡る周回コース 累積標高差は2748m  時間13時間27分 でした

201263
→ SUUNTO時計データー

ミヤマキリシマの開花状況は、上のSUUNTOデーターの1440mラインの立中山・指山が満開でした。 1600m以上の他の山はまだまだ蕾の状態です。 1700m以上の山は蕾も硬かった。

0029
↑ 3日の0時から1時間仮眠をし、1時45分に自宅を出発。 九重インターに2時55分、長者原に3時20分到着。  

0030
↑ 3時43分ライトを点けて出発(単独)! 曇の予報でしたが小雨です!

0031
↑ 4時26分 雨ケ池越あたりで、空が少し明くなる。

0032
↑ 4時51分 坊がつるに着く頃には夜が明ける。 テントがいっぱいでした。

0033
↑ 5時21分 大戸越に着く ここも立中山と同じ標高(1440m)でミヤマキリシマは開花していました。

0034
↑ 5時40分 平治岳南峰

0035
↑ 5時47分 平治岳到着 頂上はガスっていました

0036
↑ 5時54分 下りにて 蕾が多い

0037
↑ 6時6分 木によっては満開のもある

0038
↑ 6時17分 大戸越まで下山 平治岳はガスっています。

0039
↑ 6時42分 大戸越から北大船山へ向う途中の花 半分は蕾です

0040
↑ 6時50分 北大船山到着 すぐ段原へ下ります

0041
↑ 7時05分 大船山到着 ガスって何も見えません、山頂には一人の方だけでした。

 本日は九重山の山開きで、この後私が下山時に、沢山の人が行列を作って登って来てありました。

0042
↑ 7時18分 大船山の花 ほとんどが蕾です

0043
↑ 8時05分 坊がつるに降りてきました

0044
↑ 8時14分 水を補給し少し食べて、法華院温泉へ向う 空はガスっています

0045
↑ 8時24分 法華院温泉から鉾立峠への木道

0046
↑ 8時41分 鉾立峠へ着きました  右へ行くと白口岳、立中山へは左です

0047
↑ 8時55分 立中山へ到着 登る途中もミヤマキリシマが満開でした

0048_2
平治岳のミヤマキリシマは有名ですが、この山はあまり知られていません。 しかしとても綺麗な山です。

0049_2
↑ 大船山はガスっていますが、ここ立中山は薄日がさしています。

0053
↑ 9時35分 鉾立峠へ下山し対面の白口岳へ登る

0054
↑ 9時55分 平治岳・大船山はガスの中ですが、立中山はガスっていません。

0055
↑ 10時13分 白口岳到着 ここもガスっています

0056
↑ 10時21分 蕾はまだ硬い

0059
↑ 10時38分 鳴子山手前

0057
↑ 10時39分鳴子山到着

0058
↑ ここも1600m以上ありますので、まだ早いみたいです

0060
↑ 10時48分 ツクシドウダン 

0061
↑ 10時57分 下には白口岳直下の片ガ池

0062
↑ 11時14分 稲星山へ登る途中の花

0063
↑ 11時21分 稲星山到着

0065
↑ 11時49分 久住山到着 沢山の人です

0064
↑ この山はガスっていません

0066
↑ 11時51分 久住山の花 まだまだです!

0067
↑ 12時09分 大岩の横から肥前ケ城へ

0068
↑ 12時14分 肥前ケ城到着

0069
↑ 肥前ケ城から扇ケ鼻を望む

0070
↑ ここも蕾です

0071
↑ 12時44分 扇ケ鼻到着

0072
↑ 12時47分 下山途中で一番開花していた所です

0073
↑ 13時20分 星生山へ登る途中の湿地帯

0074
↑ 13時42分 星生山頂上

0075
↑ 13時51分 三俣山と硫黄山

0076
↑ 13時52分 星生崎へ向かわずに左へ下り、硫黄山へ向う

0077
↑ 13時57分 以前硫黄山が、激しく噴煙を出していた時の噴煙口跡

0078
↑ 13時59分 今日は右からの風が強いので、噴煙は真直ぐ左へ流れています

0079
↑ 14時03分 だいぶ近づいてきました。 ここから右へ下ります。

0081
↑ 14時17分 北千里ケ浜へ下ってきました。

0080
↑ 振り返って、下ってきた岩場です

0082
↑ 14時32分 諏蛾守越へ来ました。 これから最後の登りの三俣山です。

0083
↑ 14時46分 三俣山途中からの、星生山と硫黄山です(一番咲いていた花です)

0084
↑ 14時47分 三俣山も開花はまだです

0085
↑ 14時51分 三俣山西峰到着

0086
↑ 14時56分  マイヅルソウ  

0087
↑  イワカガミ

0088
↑ 15時10分 三俣山本峰到着

0089
↑ 三俣山本峰より、これから行く北峰を望む

0091
↑ 15時15分 北峰への下りは荒れています

0092
↑ 15時18分 下り途中からの北峰

0093
↑ 15時22分 コルには沢山のミヤマキリシマがあります 開花すると綺麗でしょう!

0094
↑ 15時30分 北峰登りの途中から

0095
↑ 15時31分 下って来た、本峰を振り返る

0096
↑ 15時32分 三俣山北峰から指山への分岐点

0097
↑ 案内には指山へは崩壊・通行止と書かれています

0098
↑ 15時35分  シャクナゲ

0099
↑ 15時37分 これから下る指山(中央右の山)

0100
↑ 15時45分 崩壊箇所

0101
↑ 15時48分 崩壊箇所は下らず、左の茂みを下る

0001
↑ 15時51分 左からこの崖の下を巻いて行く

0002
↑ 15時54分 目印のテープがあります

0003
↑ 15時55分 先程の崖の下に出ました

0004
↑ 15時57分 崩壊箇所の下の、崖の横に出ます( 登りではどうにか直登出来ますが、下りは無理です)

0005
↑ 崖の下も崩壊しており危険です 左の茂みを下ります

0006
↑ 16時01分 下の方は笹藪です

0007
↑ 16時07分 指山が見えてきました。 途中で右へ入ります(真直ぐに行くと指山を巻いて行きます)

0008
↑ 16時16分 三俣山北峰です。  右の白い崩壊箇所の、右側を下ってきました。

0012
↑ 指山のミヤマキリシマは満開です

0009
↑ 三俣山北峰と本峰

0011

0013_3

0014_3

0015_2

0016
↑ 16時29分 指山頂上(頂上の三俣山側と長者原側にたくさんの花があります)

0017
↑ 16時31分 指山頂上より長者原方面

0018
↑ 15時32分 頂上から長者原方面へ下った処から、三俣山へ振り返る

0019
↑ ミヤマキリシマの大きな株です

0020
↑ 16時34分 正面は泉水山

0021
↑ 頂上一帯は、本当に綺麗でした!

0022
↑ 16時51分 指山の巻道へ出ました

0023
↑ 左へ進みます

0024
↑ 17時 舗装道へ出ますので、右へ行きます

0025
↑ 長者原へは、ず〜と下りです

0026
↑ 17時07分 登山道入口に概略図がありました

0027
↑ 17時09分 駐車場に到着

※今回のミヤマキリシマ観賞トレランで、一番良かった山は指山でした。

また日程が違うと、良かった場所も移動すると思われます。

この後星生温泉へゆっくり入り、福岡へ帰宅しました。

0028
↑ 帰宅途中の棚田  田植えがもう済んでいました

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/547352/29208523

九重山 ミヤマキリシマ観賞トレラン 2012年6月3日を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿