« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

2012年10月25日 九重紅葉トレラン

10月25日平日木曜日ですが、休日でしたので九重に行きました。  天気予報は昼から晴れとの予報です。

家を4時45分に出発。牧ノ戸峠に6時20分到着。駐車場は平日ですので空いていました。

 距離17.22km 累積標高差1345m 時間6時間32分

コースは牧ノ戸峠を出発して、大曲駐車場まで車道を走り諏蛾守越から三俣山へ登ります。三俣山でお鉢巡りをし南峰から北千里ヶ浜へ下り、九住分れから肥前ヶ城・星生山・扇ヶ鼻へ登り、沓掛山経由で牧ノ戸峠へ戻ります。

20121025_sunntambit
↑ SUUNTO AMBIT 時計データー 距離17.22km

20121025
↑ 高低図 累積標高差1345m

0002
↑ 6時28分 牧ノ戸峠から見た由布岳がモルゲンロートに染まっています。

0003
↑ 6時47分 牧ノ戸峠を出発、峠の木々の紅葉も始まりました。

0004
↑ 7時03分 大曲駐車場を降り返る 平日ですが7〜8台止まっています。

0005
↑ 7時30分 牧ノ戸峠から43分で諏蛾守越に到着

0006
↑ 7時44分 結構急いで登りましたので、14分で三俣山西峰へ着きました。

0007
↑ 西峰からの久住分れ方面の景色。 左奥は久住山、中央遠景は阿蘇根子岳です。

0008
↑ 7時58分 三俣山本峰到着。  遠くには由布岳。

0009
↑ 本峰から見た三俣山北峰。  全体が紅葉しています。

0010
↑ 8時8分 北峰のコルから北峰を見上げる。  岩の上には人が・・・

0011
↑ 北峰から先の紅葉

0012
↑ 遠景です

0013
↑ 北峰からの景色。  三俣山の影が掛かっている所が指山、その先が長者原、山は左から黒岩・泉水、奥が涌蓋山です。

0014
↑ 8時20分 これから行くお鉢巡りコースの紅葉です

0015
↑ 少しピークを過ぎていますが綺麗な紅葉です。

0016
↑ 北峰を振り返ったところ。

0017
↑ 大鍋の壁に沿って色付いています。  後は大船山。

0018
↑ 8時38分 小鍋回りの景色です。

0019
↑ 由布岳・鶴見岳が綺麗に見えます。

0020
↑ 9時01分 南峰へ登る途中から見た坊ガツル・大船山。

0021
↑ 9時05分 三俣山南峰へ到着。  これからは来た道を諏蛾守越へは行かず、南峰から直接北千里ヶ浜へ下ります。

0022
↑ 北千里ヶ浜から久住分れ方面

0023
↑ 9時17分 南峰からの下り途中からの大船山。

0024
↑ 9時44分 北千里ヶ浜。  これから久住分れへ向います。

0025
↑ 10時10分 久住分れへ到着。

0026
↑ 10時23分 13分で肥前ヶ城に着きました。 山頂付近は紅葉も何もありません。

0027
↑ 山頂から左下に降りて行った丘の先に紅葉があります。

0028
↑ 紅葉のアップの写真です。

0029
↑ 扇ヶ鼻も山頂にはなく、下の方にあります。

0030
↑ 11時08分 肥前ヶ城から星生山へと登る。 この山頂も何もありません。 紅葉は西に下った所です。

0032
↑ 西の方の斜面の紅葉

0031
↑ 山頂から先程登った三俣山を見る。

0033
↑ 11時27分 下山途中から見る湿地帯

0034
↑ 11時36分 右奥が星生山

0035
↑ キレイな紅葉です!

0036
↑ 11時44分 下から見上げる。

0037
↑ 湿地帯の池に写る山。

0038
↑ 11時55分 全体が紅葉しています。 

0039
↑ 遠景です。 右に続く山が星生山。

0041
↑ 11時59分 扇ヶ鼻へ向う途中から見た肥前ヶ城の斜面

0042
↑ 12時06分 扇ヶ鼻へ登る途中から左に登った先にある展望台から

0043
↑ 12時08分

0044
↑ アップすると色付きがわかります!

0045
↑ 12時11分 肥前ヶ城の斜面と、後は久住山。

0046
↑ 景色の良い展望台の下はガケです。

0047
↑ 流れる様な紅葉です。

0048
↑ 久住山と紅葉をバックに

0049
↑ 12時28分 扇ヶ鼻山頂到着。  山頂から奥の方へ行ってみる。

0050
↑ 奥の方に少し紅葉がありました。 下のグリーンは岩井川岳。  山頂に紅葉はなく左下の斜面に少し紅葉があります。

0053
↑ 12時51分 牧ノ戸峠へ向う途中から星生山方面を振り返る。

0052
↑ 下の方の紅葉は濃い赤色があります。

0054
↑ 12時59分 沓掛山は紅葉の初まりです。

0055
↑ 沓掛山のアップです。

0056
↑ グリーンが入ると、赤がいっそう鮮やかになります。

0057
↑ 13時08分 沓掛山の先も同じ様な紅葉です。

0058
↑ 13時13分 牧ノ戸峠の駐車場を見下ろすと満車で、筋湯に向う道にも沢山の車です。(平日ですが)

0059
↑ 13時18分 牧ノ戸峠駐車場に到着

0060
↑ 14時57分 帰りに寄った風呂も紅葉していました。

0061
↑ 16時17分 九重インターへ向う途中の、九醉狭の紅葉はまだ全然です。

0062
↑ 16時29分 道の横に霊水の石碑がありましたので、寄ってみました。

0063
↑ 蛇口から沢山の水が出ていました。 無料です。

0064
↑ 17時23分 帰りの高速から見た夕日がきれいでした!

※10月25日でしたので、三俣山のお鉢の紅葉はピークは過ぎていましたがギリギリセーフでした。 星生山の西斜面の紅葉もまずまずです。 肥前ヶ城の斜面から谷にかけての紅葉が一番スケールが大きく綺麗でした。 お薦めです!

 

2012年10月22日 (月)

2012年10月14日 九重紅葉トレラン

10月14日に九重紅葉トレランに行きました。

メンバーは、さっち〜・ぐっさん・関さん・神武2名の5名です。

福岡をAM3時に出発、男池で少し仮眠し明るくなってから出発。

コースは 男池→ソババッケ→風穴→ 黒岳天狗岩→風穴→大船山→北大船山→大戸越→ソババッケ→男池

    ※距離14.5km 累積標高差1425m 時間9時間34分

20121014_sunntambit
↑ SUUNTO AMBIT時計 GPSデーター

20121014
↑ SUUNTO AMBIT時計 高低データー

0002
↑ 6時11分 山ガール4名と男池駐車場出発  黒岳の紅葉にはまだ早いので、駐車場の車は少なかった。

0003
↑ 6時21分 男池の湧水に寄ってから登山道へ向う。

0004
↑ 6時23分 とても大きな木です。 けやきと書いてありました。

0005
↑ 6時46分 かくし水の水場です。

0006
↑ 7時10分 ソババッケに到着 (おもしろい地名です)

0007
↑ 7時48分 風穴までは岩場が続きます。バランスが大事です!

0008
↑ 7時59分 風穴に着きました。

0009
↑ 8時55分 天狗岩の頂上を見上げた所です(頂上付近は紅葉しています)

0010
↑ 8時58分 頂上までもう少しです。

0011
 

↑ 9時02分 最後の難所、大岩を回り込みます。

0012
↑ 9時06分 簡単な方の天狗頂上です。少しガスってきました。

0013
↑ 難しい方の頂上へ向います。

0014
↑ 高所恐怖症のぐっさんも挑戦しますが、なかなか動けません。

0015
↑ 9時16分 天狗の大岩の上に揃いました。 男性でも、なかなかこの岩には立てません。 まして高所恐怖症の女性は普通行けないと思います。 ぐっさん偉い!!

0016
↑ 9時22分 天狗岩からの下りです。 慎重に降ります。

0017
↑ 9時26分 ガスが雰囲気をだしています!

0018
↑ 10時11分 滑りやすい急斜面の、石ころの道を下り風穴に到着。 これから大船山へ向います。

0019
↑ 10時34分 大船山の登山道から見る黒岳。 紅葉はまだです!

0020
↑ さき程登った天狗岩をバックに。

0021
↑ 10時54分 紅葉している木もあります

0023
↑ 11時15分 米窪付近は紅葉しています

0022
↑ さっち〜あぶないよ!

0024
↑ 花の名前??

0025
↑ 11時37分 米窪の斜面から大船山の頂上をバックに

0027
↑ 11時50分 避難小屋の先に景色の良く見える場所があります。

0028
↑ 大船山の頂上に人が見えます。  紅葉真っ盛りです!

0029
↑ 12時05分 大船山頂上からの眺め 上の方だけ紅葉しています。

0030
↑ アップすると色付きがわかります。

0031
↑ 12時06分 頂上から御池方面の眺め 紅葉がとても綺麗です。

0032
↑ 12時23分 福岡を遅れて出発した典子さんヤップさんと合流し、みんな揃って食事です。 この時最高の天気でしたので先に御池へ行くか迷いました。 空を見るとまだ天気は崩れないだろうと判断し先に食事をしましたが、20分位で雲が出てきて曇ってしまいました。 山の天気は一瞬で変わりますね! 結局御池の晴れた鮮やかな紅葉は見れませんでした。

0033
↑ 13時05分 御池の湖畔で集合写真

0034
↑ 陽があたっているともっと鮮やかな色がでるのですが‥残念!

0035
↑ 13時13分 御池をバックに

0036
↑ 13時18分 下山前に頂上で記念写真

0037
↑ 13時24分 今では珍しい、シベリアンハスキーも登って来ていました。

0038
↑ 13時24分 大船山からの下り あれほど天気が良かったのですが、ガスっています。

0039
↑ 下山途中で

0041
↑ 14時04分 北大船経由で大戸越へ下ります。 右奥は三俣山。

0040
↑ 反対側には由布岳も見えます。

0042
↑ 15時15分 大戸越経由でソババッケ到着

0043
↑ 15時26分 トレランですので一気に下ります!

0044
↑ 15時46分 男池の駐車場に到着 お疲れ様でした。

 ※今回は天候にも恵まれ、素晴らしい紅葉を見る事が出来ました。  紅葉の時期と休日と天気の3つが揃わないといけないので、なかなか難しいです。(昨年は霧雨で見れませんでした)

0045
↑ すぐ近くなので、白水鉱泉へ寄りました。 微炭酸水でとても美味しい水です。

0046
↑ ボトルに入れておくと6ヶ月位は飲めるそうです。

2012年10月16日 (火)

2012年10月8日 九重紅葉下見トレラン

10月8日に九重山に紅葉の下見を兼ねてトレランに行きました。

結果は大船山の御池で少し紅葉していましたが、他の場所はまだ全然でした。

距離26.8km 累積標高差2763m 時間11時間54分

コース 九重山1700m越え8座、プラス黒岳

20121008_sunntambit
↑ SUUNTO AMBIT時計データー

2012108
↑ SUUNTO AMBIT時計データー

※リコーの良いカメラなんですが、壊れたみたいで、ピントがあいません!ピンボケしています。

0009
↑ 4時47分 大曲駐車場をライトを点けて出発(三俣山で夜明けを迎える為)

0010
↑ 5時00分 諏蛾守小屋跡に到着

0011
↑ 5時35分 三俣山南峰に到着(大曲駐車場から48分)

0012
↑ 5時57分 南峰で夜明けを眺めながら出発。

0014
↑ 6時7分 南峰斜面の下り途中の紅葉

0015
↑ 6時47分 50分で防ガツルに到着

0016
↑ 7時23分 大戸越経由で黒岳へ向います。

0018
↑ 8時18分 風穴に到着、黒岳天狗へ行きます

0020
↑ 8時53分 35分で天狗岩に到着。 朝日の影が岩場に写っています。

0019
↑ 天狗岩から見る高塚山。 紅葉はまだまだです!

0021
↑ 風穴までの下りで一部紅葉

0022
↑ 9時40分 風穴まで降りてきました。 これから大船山です。

0023
↑ 10時55分 風穴から1時間15分で大船山へ到着

0024
↑ 御池の紅葉。 色付いていますがまだまだです。来週がピークでしょう!

0025
↑ 12時10分 坊ガツルに降りてきました。これから白口岳へ向います。

0026
↑ 12時45分 鉾立峠へ到着

0027
↑ 13時22分 鉾立峠から37分で白口岳へ到着

0028
↑ この時期リンドウ?があちこちで咲いています。

0029
↑ 13時46分 稲星山へ到着

0030
↑ 14時03分 稲星から17分で中岳へ到着

0031
↑ 14時11分 天狗ヶ城まではすぐです、8分で到着

0032
↑ 14時30分 久住山だけはいつも人が沢山います。

0033
↑ 15時04分 久住山から34分で星生山へ到着。 ガスっています。これから久住分れへは行かず、硫黄山のガレ場から下ります。

0034
↑ 15時59分 諏蛾守越え到着

0035
↑ 16時27分 大曲駐車場に到着。 皆帰って私の車だけでした。

※来週が大船山の紅葉のピークでしょう!

P1000556
↑ 一週間後の10月14日の御池の写真です!あっと言う間に紅葉していました。

2012年10月13日 (土)

UTMB完走ベスト(2010年〜2012年)

2012年のウルトラトレイル・デュ・モンブランは、UTMB落選の為TDSに参加しました。

今年の完走者限定のベストはブルーでした。

0062
↑ 2012年FINISHER BEST です(TDS)

0061
↑ 今回は10回目の大会なので、後に10の刺繍があります。

0064
↑ 参加賞のTシャツ

0059
↑ 2011年(昨年)は水色でした。(UTMB)

0058
↑ 2010年(一昨年)は黒でした。(UTMB)

0063
↑ 3年連続で参加・完走しましたので、色違いが3枚揃いました。

 リックはキャメルバックの新しいモデルを持っていきましたが、シャモニーでサロモンのリックの良いのがあったのでそれを購入し使用しました。

0002
↑ SALOMONの新しいリック。

0007
↑ 710gです

0006
↑ フロントにボトルホルダーが2個付いています。ハイドレーションのホースは保温してあり、バックルは軽量化されてあります。

0004
↑ ハイドレーションにバッグはむき出しになっており、簡単に給水できます。

0008
↑ ホイッスルとエマージンシートも付属しています。 サイドの荷物入れは伸びる素材の為、少し位大きくても入ります。

0003

↑ 写真では解りずらいですが、後の荷物入れは2室でファスナーをはずせば1室にもなります。

※年々改良され使いやすく、また軽量化されてきていますね!

2012年10月12日 (金)

2012年9月30日 若杉山トレラン&親睦会

9月30日にUTMB・メドック・トランス蝦夷の報告会を兼ねて親睦会を行いました。 ただ飲むだけでは健康に良く無いので、午前中は近くを軽く走ります。

朝8時15分にJR須恵中央駅に集合。すぐ近くのほたるの湯に車を止め、若杉山へのトレランです。

2012930_sunntambit
↑ GPS画像

2012930
↑ 高低表(止まっている所は横に平になります)

0009
↑ 9時06分 皿山で少し待って全員集合、総勢15名になりました。 伊万里から井樋さん、佐世保から川口さん(UTMF完走)、延岡から黒瀬さんが今回参加です!  植村さん、岩井さんはトランス蝦夷完走  伴さん、関さんはフランスのメドックマラソン参加完走

0010
↑ 9時30分 皿山から林道を行き、奥の院への登山道へ入って行く。

0011
↑ 9時50分 ベンチのある広い所で後続を待つ。気持ちの良い杉林です。

0012
↑ 10時 木を乗り越えながら進みます。

0013
↑ 台風の影響で少しガスっています。

0014
↑ 10時09分 奥の院へ着きました。

0015
↑ 売店もあります。

0016
↑ ロウソクの光の中、皆さんお美しい!

0017
↑ その後は鎖場の登りです。

0018
↑ 手すりに捕まりながら慎重に抜けます。

0019
↑ ここが奥の院の名所、挟み岩です!(善人しか通れません)全員通れてよかった(^O^)

0021
↑ その後岩壁から木がせり出した所を通過。

0022
↑ 10時21分 稜線へ出て右の売店の方へ行くと若杉山の山頂方面ですが、今回は山頂へは行かず左へ行きます。 すぐに太祖神社へ着きますので、ここからは下りのトレイルです。

0023
↑ 下りを軽快に飛ばします!

0024
↑ 11時05分 岳城の山頂へ寄ってから、展望台へ行きました。 福岡市内や博多湾も見えます。

0025
↑ いつも賑やかなトレランガールの皆様!

0026
↑ 引率役のトレラン??

0027
↑ 13時38分 トレラン後ほたるの湯へ入り、懇親会の開始です。用事の為3名が帰り、2名が新しく参加です。(総勢14名)

0028
↑ 若手のホープ、STY11位の別府さんです。

0029
↑ 15時02分 だんだん盛り上がってきました。

0030

0031
↑ 16時25分 まだまだこれからです。

0032
↑ いつも陽気なBanさん(UTMF女性6位)、いつも真面目な織田さん(STY21位)、ぐっさんもSTY完走

0033
↑ 総勢20名になりました。

0034
↑ あっちこっちで話が尽きません!

0036
↑ 16時34分 ここで宮崎からみえた、黒瀬さん帰宅です。(高速バスで帰っても延岡は遠いな〜)

0038
↑ 17時55分 そんな所で寝たらヽ(`~´)ノ アブナイ!!

0040
↑ 19時34分 暗くなっても続きました。

0041
↑ 20時01分 最後は家の中です。  東京のセミナーの帰りに駆けつけた典子さん、中体連が終わって参加の小原さん、朝から参加のあっちゃん・Banさん・今林さん。(一番タフな、チャンピオンはBanさんでした)