« 2012年10月25日 九重紅葉トレラン | メイン | 2012年11月3日〜4日 阿蘇外輪山一周130km »

2012年11月11日 (日)

2012年10月29日 阿蘇紅葉トレラン 根子岳・烏帽子岳・杵島岳

10月28日(日)は雨でどこにも行けず、29日(月)はたまたま休日でしたので阿蘇へ行きました。

根子岳の登山道の確認と紅葉の確認が目的です。

平日なので、高速の深夜割引を利用する為4時前に高速に乗る。途中阿蘇のヒライでうどんを食べ根子岳を目指す。

20121029_sunntambit
↑ SUUNTO AMBIT 時計データー 距離5.66km

20121029
↑ SUUNTO AMBIT 時計データー 累積標高差907m

根子岳へ行くなら、ぜひ天狗岩にも行ってみようと思っています。 まずは天狗岩の直下まで行き、状態を見て登れる様でしたらチャレンジの予定です。

0002
↑ 6時11分 行く途中から見た根子岳、左は高岳。

0003
↑ 6時22分 根子岳駐車場。 平日ですが車が5台位止まっていました。

0004
↑ 根子岳登山地図の看板 大戸尾根ルートから登ります。

0005
↑ 駐車場の先は土石流で河原になっていました。

0006
↑ 6時55分登山開始。 まずは舗装道を行きます。

0007
↑ 7時02分 舗装道から右へ入り、左へ登って行くと奥に登山口があります。

0008
↑ 7時04分 このゲートの左が入口です。

0009
↑ 7時30分 途中右側に崩壊箇所があります。もし滑落したら下まで止まりません。

0010
↑ 7時32分 左が開けた所から、天狗岩がみえました。

0012
↑ 7時42分 頂上手前にも、右側が崩壊している箇所があります。

0011
↑7時44分 49分で根子岳東峰へ到着

0013
↑ 東峰から天狗岩へ向う縦走路

0014
↑ 7時50分 縦走路から少し左へ下ると展望の良い場所があります。

0015
↑ 左は根子岳南峰です

0016
↑ 紅葉がとても綺麗でした。

0017
↑ 天狗岩と紅葉

0018
↑ 天狗岩が近づいてきました。

 

0029
↑ 縦走路を振り返る。

0032
↑ 天狗岩直下では警告表示がありました。 危険横断しない事!

0030
↑ 天狗のコルから見上げます。 どこから登ろうかな? 正面はオーバーハングの為、鎖の上から登る事にしました。 しかし手がかりは少ないです。 

0020
↑ 縦走してきた、東峰方面を振り返る。

0019
↑ 8時25分 天狗岩に登頂開始です。 一回登れば、ここを下って来なければなりません。鎖は下の方に3m位ありますが、何の役にもたちません。核心は鎖から上です!右側は100m位の崖です。もし滑ったら命はありません(>_<) 

0021
↑ 8時39分 無事に天狗岩登頂成功 下は地獄谷

0022
↑ 阿蘇側の眺望

0023
↑ 8時43分 少し行った所に根子岳天狗岩の頂上がありました。

0024
↑ ヤカタガウドルート方面 紅葉が綺麗です。 陽が当たっていると色が出るのですが残念。

0025
↑ 根子岳西峰(左)と奥は高岳

0026
↑ 地獄谷の紅葉 (逆光で少し霞んでいますが)

0027
↑ 地獄谷の南峰斜面

0028
↑ 8時53分 天狗岩から見たヤカタガウド方面。  崩壊していて今は登れません。

0034_2
↑ 9時19分 天狗岩を無事下山して振り返る。

0037
↑ 9時29分 天狗岩が遠くなりました。

0036
↑ 南峰手前の紅葉がキレイです。

0035
↑ アップの映像です。 紅葉はあと数日後がピークでしょう。

0038
↑ 9時40分 東峰へ戻ってきました。

0040_2
↑ 9時43分 下山道から見る紅葉も綺麗でした。

0039
↑ 9時43分 アップの写真。

0041
↑ 9時48分 根子岳紅葉の見納めです。

0042
↑ 10時06分 東峰から26分で登山口迄下山。

0043
↑ 10時07分 舗装道に出る所に登山届のBOXがあります。

0044
↑ 10時11分 駐車場に到着 これから日ノ尾峠へ向い、根子岳西峰へ登る予定です。

0045
↑ 10時25分 日ノ尾峠へ向う道は通行止になっていました。残念!

0046
↑ 鍋の平キャンプ場からの根子岳。 西峰が登れないので、阿蘇に行ってみます。

0047
↑ 11時20分 阿蘇ロープウエイ乗り場の駐車場に到着

0048
↑ しかし全面規制の為入山出来ないとの事。

0049
↑ ロープウエイ乗り場にも火山ガス規制中の張り紙が…  いつ解除になるかは、自然相手の為解らないとの事でした。 せっかく来た観光客も登れず困っていました。

阿蘇に登れないので烏帽子岳と杵島岳へ行く事にしました。

烏帽子岳・杵島岳は周回コースが組め、杵島岳のお鉢巡りは阿蘇市方面と外輪山の景色がとても良くお薦めです。

20121029_sunntambit_2
↑ SUUNTO AMBIT 時計データー 距離7.52km

20121029_2
↑ SUUNTO AMBIT 時計データー 累積標高差548m

0002
↑ 11時48分 草千里展望駐車場に車を止めて、まずは烏帽子岳を目指す!

0003
↑ 12時10分 22分で烏帽子岳の頂上に到着

0004
↑ 烏帽子岳頂上から阿蘇山方面を見る

0005
↑ 烏帽子岳頂上から南阿蘇方面を見る。 左の道から御竈山へ行けるそうです。

0006
↑ 12時12分 これから行く杵島岳(左奥)

0007
↑ 阿蘇方面に下っていきます。(右の道)

0008
↑ 12時12分 下山道から見る、草千里ヶ浜。

0009
↑ 12時24分 走りやすい道です!
0010
↑ 12時25分 車道へと下って行きます。

0011
↑ 12時28分 車道を渡って先の舗装道を右へ行く。 そして少し行くと左へ登る道があります。

0012
↑ 12時40分 杵島岳手前のピークに到着。 少し下ってから杵島岳へ登ります。

0014
↑ 12時53分 杵島岳の頂上へ到着。

0015
↑ 頂上から見る烏帽子岳。 綺麗な山です!

0016
↑ 頂上から見る阿蘇山方面。

0017
↑ 12時57分 杵島岳のお鉢巡りへ向います。 時計回り。

0018
↑ 12時58分 米塚が見えます!

0019
↑ 杵島岳を振り返る。中央が火口跡。

0020
↑ 13時00分 阿蘇平野と外輪山が綺麗に見えます。

0021
↑ 13時07分 阿蘇山方面

0022
↑ 13時08分 往生岳がキレイです。 今度登ってみましょう!

0023
↑ 13時09分 高い所が杵島岳です。これから戻ります。

0024
↑ 13時14分 杵島岳へ戻って来ました。

0025
↑ 13時16分 下山途中からの烏帽子岳

0026
↑ 13時19分 下りは階段があります。 けっこう長い。

0027
↑ 13時20分 分岐点は右へ行く(中岳火口と反対側)

0028
↑ 13時27分 草千里展望所へ戻ってきました。

0029
↑ 13時31分 車を止めた所へ到着。 草千里の駐車場は有料ですので、展望所に止めました。

※烏帽子岳から杵島岳を巡り、反時計回りに周回出来ます。 時間は1時間40分でした。

0030
↑ 14時16分 風呂は阿蘇駅のすぐ側にある、夢の湯へ行きました。料金はなんと200円です!

0031
↑ 露天風呂もサウナもあります。

0032
↑ 泉温51.5℃です。

0035
↑ 15時31分 帰りは阿蘇神社近くの、とり宮に寄りました。

0034
↑ お目当ては馬ロッケです。

0033
↑ 出来立てのあつあつを食べて、お土産にも買いました。

0036
↑ 17時13分 熊本インター手前で日が暮れました。

※根子岳の紅葉は、ピーク少し前でしたがとても綺麗でした。

今回予定していた根子岳西峰は通行止で、また阿蘇山のガス規制で中岳には登れなく残念でした。

烏帽子岳・杵島岳の周回コースは、簡単に登れて景色も良いのでお薦めです。



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/547352/30250297

2012年10月29日 阿蘇紅葉トレラン 根子岳・烏帽子岳・杵島岳を参照しているブログ:

コメントを投稿