« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

2012年12月20日(木) 九重トレラン

12月20日(木)に九重トレランに行きました。

予定では涌蓋山一周でしたが、九重の天気がとても良いので九重にも登る事にしました。

①九重 沓掛山+1700m越6座 距離14km 累積標高差1104m 時間5時間21分

②涌蓋山 一目山、みそこぶし山、女岳、涌蓋山 距離13km 累積標高差783m 時間3時間02分 

20121220_sunntambit
↑ GPSデーター 距離14km

20121220
↑ 高低表 累積標高差1104m

20121220_sunntambit_2
↑ GPSデーター 距離13km

20121220_2
↑ 高低表 累積標高差783m

2つ合わせて距離27km、累積標高差1887m、時間8時間24分でした

0002
↑ 家に6時に集合して、九重へ向います。 8時05分牧ノ戸峠到着、気温氷点下5℃でした。

0003
↑ 8時18分牧ノ戸峠を出発 今日のメンバーは北崎さん、関さん、さっち〜の4名です。

0004
↑ 8時24分 展望台からの眺め、天気はとても良いです。

0005
↑ 今日は由布岳もくっきり見える。

0006
↑ 三俣山には少し雪が

0007
↑ 8時32分 沓掛山手前の温度計はマイナス8℃を指しています。

0008
↑ 8時37分 最初の山沓掛山

0009
↑ 8時58分 北斜面では樹氷がキレイでした。

0010
↑ 9時04分 空もブルーで綺麗

0011
↑ 9時08分 星生山へ上る手前の日陰

0012
↑ 9時12分 岩場を登ります。

0013
↑ 9時35分 星生山 山頂到着

0014
↑ 肥前ヶ城と扇ヶ鼻 後は阿蘇山

0015
↑ 硫黄山、三俣山、平治岳、大船山

0016
↑ 三俣山と由布岳

0017
↑ 阿蘇のカルデラも見えます。

0018
↑ カルデラのアップ写真

0019
↑ 9時56分 星生崎の岩場

0020
 

↑ 左後は扇ヶ鼻

0021
↑ 岩場は結構狭い、下は絶壁です。

0022
↑ 10時23分 天狗ヶ城の上り

0023
↑ 御池は凍っています。

0024
↑ 10時32分 天狗ヶ城で大分の姫野さんと一緒になりました。

0025
↑ 10時40分 中岳手前の樹氷

0072
↑ 10時44分 中岳山頂 後は大船山

0027
↑ 11時12分 白口岳山頂

0028
↑ 11時36分 稲星山から見た久住山

0029
↑ 稲星山から見た天狗ヶ城・中岳

0073
↑ 11時38分 もう少しで稲星山です

0031_2
↑ 11時41分 稲星山山頂

0032
↑ 久住山手前です。

0033
↑ 12時06分 今日の九重最後の山、久住山です。

  ※久住山から牧ノ戸峠まで下り、そして涌蓋山へ向います。

0034
↑ 14時20分 車で涌蓋山登山口まで移動

0035
↑ 14時21分 柵があり、私道につき無断立入禁止の立札がありました。

0036
↑ 道の横には一目山・涌蓋山の案内板が・・・。

0038
↑ 14時23分 舗装道から左側に一目山の登山口があります。

0039
↑ 大きな霜柱を発見!

0040
↑ 14時25分 一目山までは、真直ぐの道です。

0041
↑ 14時35分 頂上までは15分位で登れる。

0042
↑ 九重スキー場がすぐ下に見えます。

0043
↑ 14時36分 一目山頂上

0044
↑ 奥には、これから行く涌蓋山が見えます。

0045
↑ 15時11分 もう少しでみそこぶし山です。

0046
↑ 15時12分 みそこぶし山から女岳・涌蓋山を見る。

0047
↑ 15時24分 縦走路から、みそこぶし山を振り返る。

0048
↑ 15時25分 右前方に見えるのは女岳です。

0049
↑ 15時30分 霜柱で小石が10cm位持ち上がっています。

0050
↑ アップの写真です。 歩くと不思議な感じです。

0051
↑ 15時41分 林道へ出て、ここから右に入らなければいけない所を、真直ぐに行ってしまい12分位ロスしました。

0052
↑ 15時59分 大急ぎで女岳へ上り、先に見える涌蓋山を目指す。

0053
↑ 16時07分 涌蓋山山頂

0054
↑ 山頂から見る九重連山

0055
↑ 左から平治岳・大船山・三俣山、手前は泉水山

0057
↑ 女岳のず〜と先には霞んだ阿蘇山が。

0059
↑ 16時18分 女岳まで下り涌蓋山を振り返る。

0060
↑ 女岳から見る九重連山

0062
↑ 16時50分 みそこぶし山から見る九重方面

0063
↑ みそこぶし山から見る涌蓋山

0064
↑ 17時02分 だいぶ日か傾いてきました。

0065
↑ 17時10分 日が暮れない内に、駐車場まで辿り着かなければ・・・

0066
↑ 17時11分 

0067
↑ 17時12分

0068
↑ 17時14分

0069
↑ 17時14分

0070
↑ 夕日は綺麗ですが、ゆっくり見ていると暗くなります。

0071
↑ 17時24分 どうにか明るい内に着きました。

その後筋湯温泉で入浴して帰宅しました。

お疲れ様でした(^O^)

2012年12月14日 (金)

2012年12月3日 井野山トレラン

この頃の練習コースは井野山です。

井野山の標高は236mで、上り高低差が200m、距離は登山口から2km、自宅から登山口までは約1km。

井野山を2往復して、距離約10km、累積標高差で400mです

2012123_sunntambit
↑ GPSデーター

20121232
↑ 高低表(気圧の関係で標高がマイナスになっています)

2012123bmp
↑ SUUNTO AMBIT 時計心拍データー

本人は少しキツイ位と思っていましたが、心拍計のデーターでは平均心拍数156で最大にキツイとなっています。

トレイルランニングの負荷として、5.6kmのリュックを背負って走っています

0019
↑ 練習用のリュック

0020
↑ リュックの中には2Lのペットボトル2本と300mlを2本入れています。

0002
↑ 井野山の登山口 (2往復目は信号で折り返します)

0004
↑ 信号から150mの所に柵があり、ここから先は車両通行止です。 左を抜けて走ります。

0005
↑ アスファルトの道を上ると広場へ出、その先に155段の階段があります。 当然ここも走ります。

0010
↑ 階段を上がると山頂で、遮る物がなく360度の展望です。

0011
↑ ひばりヶ丘団地、桜ヶ丘団地と先は福岡市方面 (以下の写真は時計回りの景色です)

0012
↑ 岳城と若杉山方面

0013
↑ 若杉山、しょうけ越、砥石山と須恵町方面

0014
↑ 三郡山、宝満山方面

0015
↑ 四王寺山と乙金山 (こちらは山です)

0016
↑ 大野城市方面

0017
↑ 春日市方面

0018
↑ 福岡市のアップ映像(福岡タワーが見えます)

0008
↑ 広場から少し下った所にトレイルもあります。(ミラーから右へ入る)

11月の末から2日に一回のペースで走っています。

2012年12月 9日 (日)

2012年11月23日 四王寺山トレラン&井野山鍋会

11月23日(金)祭日に四王寺山のトレランと、井野山で山鍋をしました。

メンバーは典子さん・小原さん・関さん・ヤップさん・マリアさん・由美と私の7名です。

メインは井野山での鍋会で、その前に軽く四王寺山のトレランを実施。

20121123_sunntambit
↑ 四王寺山は周回出来るオールトレイルで、距離6km位・累積標高差で400m位あります。

20121123
↑ 高低表 県民の森スタート&ゴールです。累積標高差482m

0002
↑ 10時46分 県民の森センターを出発。 マリアさんはバードウォッチングで別行動。

0003
↑ 10時52分 センターから土塁コースまで登る。 6名で出発。

0004
↑ 10時59分 もみじ谷経由で周回コースへ

0005
↑ 11時04分 土塁コースへ登り、反時計回りで周回です。 もみじは散っていましたが、落葉が綺麗でした。

0006
↑ 11時31分 コースを半周した下りです。

0007
↑ サロモンの最新リュックにストックをさして実地検証中。

0008
↑ 下りは快適に走れます!

0009
↑ 14時45分 小石垣で小休止

0010
↑ 11時47分 急な登りが続きます。

0011
↑ 北石垣までもう少し

0012
↑ 11時52分 北石垣です。 数年前に綺麗に修復されました。

0013
↑ 11時54分 杉林の中の滑りやすいトレイル。

0014
↑ 11時56分 百間石垣までの急な下り。

0015
↑ 11時58分 車道を渡った所の紅葉と小川。

0016
↑ 12時04分 百間石垣の横から行きます。

0017
↑ 12時05分 その後は急な登りが大城山まで続く。

0018
↑ 12時24分 四王寺山最高点の大城山。 (410m)

0019
↑ 12時30分 展望台からの景色。 福岡空港へ着陸する飛行機が同じ高さで飛んでいます。(水城の堤防も良く見えます)

0020
↑ 12時35分 周回コースを回り、もみじ谷へ戻ってきました。

0021
↑ 来た道ではなく、もみじ谷を真直ぐ下ります。

0022
↑ 12時42分 もみじ谷の入口。 紅葉は散っていて残念ですが、落葉もいい風情があります。

0023
↑ 12時46分 車道脇の木も綺麗です。(心霊写真ではありません(^O^))

 

0025
↑ センター奥に遅れた紅葉の木があrました。

0024_2
↑ これから、みかさの湯へ行き井野山へ向います。

0026
↑ 15時27分 井野山は車両通行止で、距離2km高低差200mを荷物を持って登ります。

0038
↑ 山頂は遮る物がなく、360度の展望です。 左奥の山は宝満山。

0027
↑ 15時44分 乾杯をして鍋の準備。

0028
↑ 今回は典子さん準備の黒豚のしゃぶしゃぶです。

0029
↑ マリアさんも沢山手料理を持ってきてくれました。感謝!

0030
↑ 17時43分 日が沈みました。(春日市方面)

0031
↑ 当然山頂は私たちだけです。

0032
↑ 夜景が輝いています。

0033
↑ 夜景に負けず綺麗

0034
↑ 集合記念写真です。

0035
↑ そんなに寒くはなかった。

0036
↑ オランダからヨットでやってきたヤップさん夫妻

0037
↑ 楽しい1日でした。 またやりましょう(^O^)

 

2012年12月 7日 (金)

2012年11月22日(木) 井野山・四王寺山・宝満山トレラン

11月22日(木)に、先週に続き宇美三山トレランに行きました。

コースは自宅→井野山(326m)→四王寺山(410m)→宝満山(829m)→昭和の森→自宅

距離30.85km 累積標高差1752m 時間6時間16分 でした。

20121122_sunntambit
↑ GPSデーター 距離30.85km 時間6時間16分

20121122
↑ 高低表 累積標高差1752m

先週と同じコースではつまらないので、四王寺山は反時計回り、宝満山はカモシカ新道を行きました。

0002
↑ 11時36分 自宅を出発

0003
↑ 自宅そばの遊歩道のモミジ 先週は緑が混ざっていましたが、綺麗な色になりました。

0004
↑ 11時46分 先週と同じ、宇美公園から宇美八幡宮へ向う。

0005
↑ 11時48分 宇美八幡宮の裏口

0006
↑ 11時54分 宇美八幡宮から真直ぐ700m位で井野山の入口です。

0007
↑ 11時56分 少し行くと車両通行止の柵がありますが、人は左右から入れます。

0008
↑ 12時11分 最後の石段155段

0009
↑ 12時13分 井野山頂上までは距離で2kmの登り、200mちょっとの標高差。 山頂は360度の展望です。写真は手前にひばりが丘団地、奥は福岡市・博多湾方面。

0010
↑ 12時16分 最初のカーブミラーからガードレールを越えてトレイルがあります。(カーブミラーに1の表記あり)

0011
↑ 12時16分 藪はありません。

0012
↑ 12時18分 途中、階段も整備されています。

0013
↑ 12時56分 四王寺山土塁入口。 先週はここから左へ入りましたが、今回は反時計回りに行く。

0014
↑ 四王寺山土塁コースの図

0015
↑ 12時59分 道から右へ入り、百間石垣を登って行く

0016
↑ 13時00分 百間石垣の上からの眺め

0017
↑ 13時12分 トレイルを登って行くと車道があります。トレイルは車道を渡って続いていますが、今日は車道を大野城市方面へ下ります。途中車両通行止になっています。

0018
↑ 13時18分 車道を下って行くと毘沙門堂(大城山410m)へ行く登山道がありますのでこれを左へ登る。

0019
↑ 13時29分 大城山410m(四王寺山の最高点)へ到着

0020
↑ 13時30分 ちょっと下ると毘沙門堂があります。

0021
↑ 13時33分 毘沙門堂から県民の森センターへ下る

0022
↑ 13時36分 途中の石畳と紅葉

0023
↑ 13時41分 センターへ到着(県民の森センターの案内図) ここからまた土塁コースへ登ります。

0024
↑ 13時52分 登って一旦もみじ谷へ下る

0025
↑ 13時54分 もみじ谷のモミジは大半が散っていましたが、落葉が綺麗でした。

0026
↑ 13時55分 土塁コースへ出て左へ行く。

0027
↑ 14時01分 創造の森展望台

0028
↑ 天拝山方面の景色です。

0029
↑ 14時10分 焼米ヶ原へ到着

0030
↑ 眼下には太宰府天満宮や国立博物館が見えます。

0031
↑ 14時12分 先週と同じ九州自然歩道を下る。(先週は反対側から来ました)

0032
↑ 14時22分 水瓶山を抜けダムへ下る。

0033
↑ 14時26分 一週間前はあんなに綺麗だった紅葉も散っています。

0034
↑ 庭には枯葉の山が・・・ 紅葉の見頃もあっという間に過ぎますね。

0035
↑ 14時47分 竃門神社へ到着

0036
↑ 14時51分 本殿右側から愛嶽へ登る

0037
↑ 14時54分 こちらも先週沢山の葉をつけていましたが、枯葉です。

0038
↑ 15時20分 鳥越峠へ到着。

0039
↑ 一つ前の標識と合わせて、宝満山まで6つのコースがある。

0040
↑ 今日はかもしか新道を行きます。(子供キケン)

0041
↑ 15時43分 途中何度か岩場のアップダウンがあり。

0042
↑ 15時50分 かもしか新道から、標識のある大谷尾根道へでました。

0043
↑ 16時16分 キャンプ場経由で宝満山へ向う。

0044
↑ 16時20分 宝満山山頂から大野城市方面。  雲の切れ目から陽が降り注いでいました。

0045
↑ 16時54分 うさぎ道経由で河原谷へ出る。

0046
↑ 17時12分 河原谷を下り、昭和の森下の東屋。 ここからは自宅まで車道です。

0047
↑ 17時52分 自宅に着いた時は暗くなっていました。

2012年12月 2日 (日)

2013年UTMF・萩往還

2012年12月1日にUTMFの抽選がありました。

結果は当選で来年のUTMFに出場できます。

しかしすでに5月開催の萩往還に申し込んでいますので、UTMFが終わって4日後には萩往還250kmのスタートです。

Utmf3
↑ UTMFの抽選結果(払込画面)

Utmf4
↑ UTMFレース内容

UTMF→ウルトラトレイルマウントフジ 距離161km 累積標高差9000m 制限時間46時間 参加人数800人 開催日2013年4月26日(金)15時スタート  ゴール関門28日(日)13時

Photo

↑ 萩往還250kmコース図

萩往還250km→距離250km 制限時間48時間 参加人数450人 2013年5月2日(木)18時スタート 4日(土)18時ゴール

予定ではUTMF終了後28日(日)中に福岡まで帰宅し、29日・30日は仕事で1日は休み、2日(木)の午前中に山口へ向い18時レーススタート。

レースも超ハードですが、スケジュールも超ハードです。

UTMFのダメージがどれぐらい回復するか? 私にもやってみないとわかりません。

萩250kmは13回目の完踏がかかっていますので、萩は是非完踏したいです。

2012年12月 1日 (土)

2012年11月18日 宝満山トレラン

2012年11月18日(日曜日)昼から友人宅で飲み会がある為、午前中に宝満山に行きました。

コースは昭和の森まで車で行き、昭和の森→河原谷→仏頂山→宝満山→中宮跡→水場→うさぎ道→河原谷→昭和の森です。

距離9.51km 累積標高差1035m 時間2時間18分 でした。

20121118_sunntambit
↑ GPSデーター 距離9.51km 時間2時間18分

20121118
↑ 高低図 累積標高差1035m

0002
↑ 9時27分 昭和の森に車を止めて出発。

0003
↑ 9時30分 草ヶ谷ダム手前の門から右側へ下る。

0004
↑ 9時31分 ここにはモミジが沢山あるが半数は散っていた。しかし中には綺麗な木もありました。

0005
↑ 林を抜けて林道まで下る。

0006
↑ 9時57分 林道からトレイルと登り、うさぎ道の分岐点に到着。今日はうさぎ道へは行かず、河原谷を直登する。

0007
↑ 10時00分 途中川を渡ります。

0008
↑ 10時08分 難所ヶ滝の分岐点。 仏頂山方面へ真直ぐ行く。

0009
↑ 10時18分 三郡縦走路へ出る。今日はウエストポーチのみで身体が軽い、河原谷を全て走って登れた。

0010
↑ 10時23分 紅葉と落葉のトレイル。

0011
↑ 10時24分 仏頂山を通過

0012
↑ 10時30分 宝満山へ到着

0013
↑ 四王寺山と福岡市。

0014
↑ 10時45分 水場まで下ってきました。

0015
↑ 10時51分 水場から下り林道を少し行くとうさぎ道の登山道があるが、道を塞ぐように車が止めてある。こういう人は登山をする資格がない!

0016
↑ うさぎ道の案内板です。

0017
↑ 10時55分 最初の分岐点。 突き当たると左折します。 右へ行くと宝満登山道の水場へ出ます。

0018
↑ 10時56分 左折して下るとすぐ案内板があります。 うさぎ道は右折します。真直ぐに下ると有智山城跡へ出ます。

0019
↑ 10時57分 林道に出ると、斜め右方向に道があります。

0020
↑ 11時03分 走れるトレイルが続く。

0021
↑ 11時20分 宇美新道分岐点です。直進します。

0023_2
↑ 11時21分 すぐに河原谷分岐点があります。

0022_2
↑ 右方向へ登ると宝満山方面です。ここは左方向へ下ります。河原谷方向です。

0024
↑ 11時29分 河原谷に出たら左へ下ります。

0025
↑ 11時37分 途中綺麗な落葉が敷き詰められていました。

0026
↑ 11時45分 昭和の森駐車場へ到着です。

この後風呂に入り、糸島観にマラソンの打ち上げに参加しました。

0027
↑15時30分 レース後典子さん宅に集まります。

0028
↑ お疲れ様の乾杯です。

0029
↑ とってもお洒落な典子さんの手料理です。

0030
↑ おいしい料理とお酒で盛り上がりました。ありがとうございました(^O^)