« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月22日 (火)

2013年1月20日 難所ヶ滝・宝満山トレラン

2013年1月20日(日)に難所ヶ滝から仏頂山・宝満山のトレランに行きました。

トレランの後は一期一会の新年会を行います。トレランは5名で実施。

2013120_sunntambit_2
↑ GPS画像 距離9.28km

2013120
↑ 高低差表 累積標高差866m

0002
↑ 9時28分 昭和の森の下の駐車場から出発

0003
↑ 9時54分 駐車場もいっぱいでしたが、沢山の人です。

0005
↑ 9時56分 うさぎ道分岐点

0004
↑ かわいい猫? 上手です!

0006
↑ 10時10分 難所ヶ谷分岐点。 左へ行きます。

0007
↑ この後の上りは渋滞していました。

0008
↑ 10時13分 難所ヶ滝へ到着

0009_2
↑ 立派な氷瀑です!

0010
↑ おいしそうな氷ですね。

0011
↑ 見上げた所。

0012
↑ 10時23分 滝の前で記念写真。

0013
↑ 10時26分 滝の左から縦走路へ向います。

0014
↑ 10時39分 縦走路(三郡山方面)

0015
↑ これから向う宝満山方面。

0016_2
↑ 10時50分 基本、雪でも走ります。

0018
↑ 10時51分 仏頂山へ到着。 以外と暖かく0℃でした。

0019
0020
0021
0022
↑ さて下りは、誰が上手でしょう。

0023
↑ 10時56分 下りは当然滑ります!

0024
0025
↑ 10時58分 宝満山直下の鎖場

0026
↑ 11時00分 宝満山山頂

0027
↑ 山頂で記念写真

0028
↑ 11時23分 山頂から羅漢巡りの方へ下ります。

0029
↑ 11時29分 うさぎ道経由で河原谷へ向います。

0030
↑ 11時46分 河原谷へ出ました。左へ下ります。

0031_2
↑ 猫の雪だるまが、また来てねと言っています!

0032
↑ 12時16分 駐車場へ到着。 その後須恵町のお風呂へ行き13時30分から宴会開始。

0033
↑ 昼からの人も合流し、宴会は6時間続きました(^O^)。 楽しい1日でした。

2013年1月19日 (土)

2013年1月17日(木) 九重森林スキー場

1月7日(木)に九重森林スキー場へ行きました。

平日の木曜日で、天気も悪かったのでガラガラでした。

このスキー場は子供が小学生の時行った事がありますが、滑るのは今回が初めてです。

一番下に初心者ゲレンデがあり、左上に中級斜面、右上に上級斜面があります。

上級コースと言っても最大斜度25度で距離400m、普通のスキー場の中級斜面位です。

料金は平日で入場料と1日リフト券セットで4500円、入場料だけはは2000円もします。

営業時間は平日で9時から17時まで、土日祝はナイターもあります。

0002
↑ 9時21分 筋湯手前で道路端に少し雪が残っています。

0004
↑ 9時29分 スキー場の駐車場に到着。 気温は氷点下3℃です。

0003
↑ 駐車場から見た九重森林公園スキー場の建物

0005
↑ 駐車場の先は一目山ですが、ガスっています。

0014
↑ 10時11分 入場リフトのチップを機械にかざして入場です。(リフトに乗る時も同じ)

0006

↑ 高校生の団体が居ますが、一般の人はとても少ない。

0007
↑ 10時21分 まずは初級者ゲレンデを1本滑る。

0008
↑ そして中級ゲレンデです。

0009
↑ 上が上級ゲレンデです。

0010
↑ 中級ゲレンデを2本滑って上級ゲレンデに向う。

0011
↑ 上級ゲレンデから下を見る。 この後ずーっとここを滑っていました。

0012
↑ 16時11分 雪で道路の状態が不安なので、少し早めに切り上げる。

0013_2
↑ 16時11分 退場ゲートを通過

0015
↑ 16時32分 駐車場は雪で真っ白です。

0017
↑ 帰りにはマイナス5℃になっていました。

0016
↑ 16時44分 筋湯までの下りも積雪しています。 チェーンは持っていましたが、取り外しが面倒なので付けませんでした。

筋湯に入って帰ろうかと思っていましたが、これ以上雪が積んでは大変なので、九重インター近くの風呂に入る事にしました。

0018
↑ 17時26分 九重インター近くの見晴らしの湯300円です。

0019
↑ 誰も居ません、貸切です。

しかし温泉でゆっくりしたのが間違いでした。

温泉に入る時積雪はありませんでしたが、出て見るとあたり一面真っ白。

0020
↑ 18時37分 高速道路は通行止になっているのではと思いましたが、九重インターはまだ入れました。

速度規制で50kmでしたが入れて良かった(^O^)

0021
↑ 九重から日田の先まで積雪がありました。また激しく雪も降っています。

朝倉から先は普通の道路になり、どうにか帰れてホッとしました。

九重森林スキー場は、シーズン最初の練習や初級者には手頃でいいと思います。

平日が空いていてお薦めです。  福岡ナンバーの車は少なく、熊本・大分ナンバーの車が多かったみたい。  7割位?がスノーボードでした。

今月末は北海道に行く予定です(^O^)

 

2013年1月16日 (水)

2013年1月10日 難所ヶ滝トレラン

1月10日(木)難所ヶ滝に氷瀑を見に行きました。

積雪はありませんでしたが、気温の低い日が続いたので滝は凍っていました。

2013110_sunntambit
↑ 距離6.8km 時間1時間25分

2013110
↑ 高低表 累積標高差592m

※現在昭和の森駐車場から草ヶ谷ダムの左を巻いて行く道は、森林伐採の為通行止になっています。(3月位まで?)

なのでバンガロがある方へ下っていくか(池の手前から右へ下る)、下に車を止めて林道を行くかになります。

0002
↑ 14時13分 昭和の森駐車場、平日の昼過ぎなので車はいませんでした。

0005
↑ 何箇所も通行止の知らせがありましたが、行ける所まで行ってみる事にしました。

0004
↑ 図で通行止箇所の説明が

0003
↑ 14時19分 しかしこれでは入れません。チェンソーの音もしています。結局引き返してバンガローのある方へ下りました。

0006
↑ 14時47分 うさぎ道の分岐点

0007
↑ 14時54分 右手の小つららも凍っています。

0024
↑ 14時58分 難所ヶ谷分岐点

0008
↑ ここまで雪はありません。

0009
↑ 14時59分 難所ヶ滝へ上る急斜面は凍っています。

0010
↑ 15時00分 期待以上に凍っていました。

0021


0011
↑ 滝を水が流れる様に凍っています。

0012
↑ 滝の下の方

0013
↑ 見上げた所

0014
↑ 鍾乳石の様な凍り方

0015


0016
↑ 何本もの氷の柱が重なっています。

0017


0018


0019


0020
↑ 透とおって、とても綺麗な氷です。

0022
↑ 15時23分 帰りの下りで、通行止の反対側です。

0023
↑ 15時38分 駐車場に到着。 誰も居ません。

寒さが続けばもっと滝の氷は成長するでしょう(^O^)

※最初に書きましたが、通行止がありますので(2013年1月10日現在)行かれる方は確認されたがいいと思います。

2013年1月11日 (金)

2013年1月1日 宝満山初日トレラン

今年の始めとして、宝満山に初日の出を見に行こうと計画しましたが、あいにく天気は雪で初日の出は期待薄です。

0002
↑ 1月1日の朝5時に竃門神社の駐車場に集合

0003
↑ 5時17分 竃門神社本殿にお参り

0004
↑ 5時18分 スタートです。

0005
↑ 他の人は本格的な山装備で登っています。

0006
↑ 5時39分 スタート時寒かったので、厚着の為皆さん暑そうです。

0007
↑ 6時03分 水場で小休止。

0008
↑ 6時07分 寿々つなぎで登って行きます。

0009
↑ 6時11分 だんだん雪が深くなってきました。

0010
↑ 6時12分 ライトの光が連なって綺麗です。

0011
↑ 6時22分 途中では夜景も見れました。

0012
↑ 6時33分 百段雁木を元気に上る。

0013
↑ 7時15分 頂上に着く前に明るくなりました。

0014
↑ 神主さんが礼拝されています。

0015
↑ 7時17分 もうすぐ日の出ですが、東の空にはガスが掛かっています。残念!

0016
↑ 7時30分 西の空は晴れています。 初日の代わりに月が輝いていました。

0017
↑ 7時37分 皆で集合写真

0018
↑ さっち〜会心の書です。九州爆走女スバラシイ!

0020
↑ 7時44分 頂上の神社にお参りです。

0019
↑ その後御神酒を頂きました。

0021
↑ 神主さんは寒くないのかな?

0022
↑ 7時52分 そして山頂からキャンプ場へと向います。

0023
↑ キャンプ場で休憩。 コンロでお湯を沸かして温まりました。

0024
↑ 山小屋の中に、九州の山の標高図がありました。九州で一番高い山は屋久島の宮之浦岳です。 最後の方に宝満山もあります。

0025
↑ 8時48分 私は昼から仕事の為下山、他の人は難所ヶ滝へ向います。

0026
↑ 9時04分 福岡市方面は天気は良い様です。

0027
↑ アイゼンなしで走って下りますが、所々凍ってツルツルでした。

0028
↑ 9時36分 竃門神社へ到着

0029
↑ 竃門神社は皆さんご存知縁結びの神様です。(いつも若い女性が多いです)

0030
↑ 社務所も新築して綺麗になりました。