« 2013年2月16日 阿蘇日ノ尾峠から高岳往復(崩壊・通行止区間) 根子岳東峰往復  | メイン | 2013年2月21日 昭和の森・宝満山・三郡山・砥石山トレラン »

2013年3月14日 (木)

2013年2月17日 御竃門山から烏帽子岳往復&夜峰山

先日16日に続き、阿蘇9岳+南阿蘇外輪山トレランの下見として御竃門山から烏帽子岳を往復しました。

烏帽子岳から御竃門山へのルートは3つあり、烏帽子岳を一旦下り南阿蘇登山道の車道を御竃門山へ行くか、または地獄温泉へ下りて登り上げて御竃門山へ行くか、どちらも大変です。

また烏帽子岳から御竃門山への直接ルートは一般登山道でなく、途中岩場の下りや藪こぎそして踏み跡が少なくルートが解りにくいコースです。

コースさえ解かれば直接ルートがベストなので、今回の下見の実施です。

2013217_sunntambit
↑ GPS画像

2013217
↑ 高低表

0002_2
↑ 左が烏帽子岳右側が御竃門山、右端が夜峰山です。

0003_2
↑ 12時39分 火の山トンネルの手前の駐車スペースから開始

0004_2
↑ 12時46分 稜線までは急登です。 下が車を止めた所。

0005_2
↑ 12時51分 尾根沿いの道は急ではありませんが、両サイドは切り立った崖です。

0006_2
↑ 12時59分 正面が御竃門山。 藪の中の道です。

0007_2
↑ 13時01分 御竃門山の山頂は広くありません。

0008_2
↑ これから行く烏帽子岳。右側の稜線を行き、一旦下りそれから登り上げます。

0009_2
↑ 山頂から見た、夜峰山(中央)

0010_2
↑ 13時18分 烏帽子岳への分岐から先は藪こぎです。(一応踏み跡はあります)

0011_2
↑ 13時27分 最下点までの下りと、それからの登りの道が不明確。 途中で鹿を見かけましたが、鹿の踏み跡があちこちにあり大変解りずらいです。 ミヤマキリシマを避けながら、右側の三角の土の方向へ行けばどこを通っても良いと思います。 あとは三角の所から稜線沿いに登って行きます。(GPS画像では左へ行っていますが、右が正解です)

0012_2
↑ 13時53分 烏帽子岳への登りです。 (稜線沿いの藪こぎです)

0013_2
↑ 14時08分 途中大岩が道を塞ぎますので、右側へ回り込んでから登ります。

0014_2
↑ 14時16分 大岩を越えて振り返った所

0015_2
↑ 上を見上げた所。 正面の岩場は左から巻きます。

0016_2
↑ 14時23分 烏帽子岳山頂へ出ました。 すぐに折り返します。

0017_2
↑ 14時53分 難所の大岩の下りです。

0018_2
↑ 14時55分 距離は少ししかありませんが、手がかり・足がかりが少ないので慎重に。

0019_2
↑ 14時56分 両サイド崖の痩せ尾根も数ヶ所あります。

0020_2
↑ 15時08分 御竃門山へは、正面左を登り上げ稜線を右へ行きます。

0021_2
↑ 15時51分 前の画像の右端の位置、稜線の防火帯から御竃門山です。

0022_2
↑ 15時57分 御竃門山分岐点から稜線沿いに下ります。(左奥が夜峰山)

0023_2
↑ 16時15分 駐車場から登って来た道を右に見ながら踏み跡があるので下った所、車道の下側に出ました。

車の場所まで戻り夜峰山へ向います。

0024_2
↑ 16時35分車を止めて、柵を乗り越え左へ進みます。

0025_2
↑ 右が夜峰山ですが、左のピークへ行って見る事に

0026_2
↑ 16時39分 阿蘇くじゅう国立公園の標識がありましたが、荒れ果てていました。 ここから夜峰山へ向いましたが、鉄条網があり乗り越さないと行けませんでした。

0027_2
↑ 16時48分 夜峰山山頂に到着

0028_2
↑ 夜峰山から久木野温泉までは、一旦来た道を戻り牧場を回り地獄温泉方面へ下る予定でしたが、山頂から先に行って見ると防火帯が続いていました。

0030_2
↑ 防火帯に沿って下ると下の方に車道が見えました。

0029_2
↑ 車道は多分地獄温泉から下って来た道と思われます。 ここを下れば随分と近道になります。 夜峰山から久木野温泉へのルートが決定しました。

0031_2
↑ 17時07分 夜峰山から車の位置まで戻って来ました。 本番時はこの柵を乗り越えて、夜峰山を目指します。

0032_2
↑ 柵には警告文がありました。

※これで烏帽子岳から御竃門山・夜峰山、そして阿蘇9岳+南阿蘇外輪山トレラン中間地点久木野温泉までのルートが決定しました。(あとは実施日の3月9日・10日の天気が良ければ)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/547352/31237955

2013年2月17日 御竃門山から烏帽子岳往復&夜峰山を参照しているブログ:

コメント

準備段階から本当にありがとうございました。

途中は皆さんの足を引っ張りまくりでしたが、コースがワイルド過ぎて嬉しくなりました!

織田さん
来週も背振全山縦走ですね、頑張って下さい。
3週連続ロングトレランでUTMF対策バッチリですね(^O^)

コメントを投稿