トレイルラン・宝満山・三郡山系 Feed

2013年3月18日 (月)

2013年2月24日 宝満山・三郡山・若杉山縦走

2013年2月24日(日)久々に三郡縦走をしました。

コースは自宅から竃門神社→宝満山→仏頂山→三郡山→砥石山→鬼岩谷山→若杉山、でゴールは篠栗オアシスです。

距離:26.88km  累積標高差:1711m  時間:5時間41分 でした

2013224_sunntambit
↑ GPS画像 前半 自宅→竃門神社→仏頂山→三郡山→前砥石山→ 砥石山

2013224_sunntambit_2
↑ GPS画像 後半 砥石山→鬼岩谷山→しょうけ越え→若杉山→楽園→篠栗オアシス

2013224
↑ 高低表

0019
↑ 7時40分 自宅を出発。  しだれ梅が咲いています。

0020
↑ 9時05分 竃門神社で、福地さん・田中さんと合流

0021
↑ 9時28分 途中の水場に到着

0022
↑ 9時59分 宝満山山頂。  天気はとても良いです。

0023
0024
↑ 10時03分 宝満山岩場の下り

0025
↑ 10時10分 仏頂山の気温は0℃でした。

0027
↑ 10時37分 三郡山山頂到着

0028
↑ 11時16分 前砥石山。  開けており展望が望めます。

0029
↑ 三郡山方面

0030
↑ 宇美町方面  中央が井野山です。

0031
↑ 四王寺山です

0032
↑ 11時26分 砥石山到着 ここは林の中でなにも見えません。

0033
↑ 11時42分 鬼岩谷山  林はありませんが、ここも展望は望めません。

0034
↑ 11時55分 しょうけ越えの橋を渡る。 下は車道です。

0035
↑ 12時18分  展望台手前の急登

0036
↑ 12時20分 若杉ヶ鼻の展望所。

0037
↑ 四王寺山です。

0038
↑ 砥石山、三郡山から宝満山の山並み。

その後篠栗オアシスには1時20分に到着しました。

2013年3月17日 (日)

2013年2月21日 昭和の森・宝満山・三郡山・砥石山トレラン

2013年2月21日宝満山から砥石山へ縦走しました。

距離:13.81km  累積標高差;1180m  時間:2時間53分

2013221_sunntambit
↑ GPS画像 

2013221
↑ 高低表

0002
↑ 13時51分 昭和の森の上の駐車場を出発

0003
↑ 13時55分 前回は伐採の為、通行禁止の張り紙がありましたがなくなっています。

0004
↑ 13時57分 しばらく行くと通行止の看板はまだありました。(期間は3月15日迄になっています)

0005
↑ 13時58分 川の入口にあったロープもありません。

0006
↑ 13時58分 伐採された木が放置してありましたが、道は通れました。

0007
↑ 14時00分 河原谷への道と合流。(昭和の森から河原谷へは、このルートが一番近いです)

0008
↑ 14時15分 うさぎ道分岐点通過

0009
↑ 14時27分 難所ヶ滝分岐先の案内板

0010
↑ 14時28分 昭和の森から37分で難所ヶ滝に到着。 申し訳程度に凍っています。

0011
↑ 14時36分 河原谷を登り詰め宝満山へ向います。

0012
↑ 14時41分 稜線の縦走路に出ました。

0013
↑ 14時46分 仏頂山までの気持ちの良いトレイル

0014
↑ 14時47分 仏頂山到着。 仏頂山は868.7m、宝満山は829.6mで仏頂山の方が39m高いです。

0015
↑ 気温は0℃でした。

0016
↑ 14時55分 宝満山へ到着。 折り返して三郡山へ向います。

0017
↑ 15時19分 途中にはまだ雪が残っていました。

0039
↑ 15時28分 宝満山から33分で三郡山(935.9m)へ到着。

0040
↑ 三郡山山頂の気温も0℃でした。 

0041
↑ 15時30分 砥石山へと向います。 縦走路はフェンス沿いに真直ぐです。

0042
↑ 右へ行く道もありますので・・・(飯塚方面へ下ります)

0043
↑ 15時33分  ツキ谷Bコース分岐点通過

0044
↑ 15時45分 ツキ谷Aコース分岐点通過 

0045
↑ 15時48分 内ヶ畑コース分岐点通過

0046
↑ 15時59分 前砥石(805m)山へ到着。

0047
↑ 先に見えるのが砥石山です。

0048
↑ 16時08分 砥石山(828m)へ到着。

0049
↑ 砥石山山頂のテーフの所゚から、昭和の森へ下ります。

0050
↑ 16時10分 下りのトレイル

0051
↑ 16時19分 途中に林道が新しく出来ていました。

0052
↑ 16時19分 林道へ出る所です。

0053
↑ 林道から見た所

0054
↑ 16時22分 旧林道と新しく出来た林道。

0055
↑ 16時42分 東屋まで下って来ました。

0057
↑ 16時44分 駐車場手前

0058
↑ 16時45分 駐車場へ到着

2013年2月23日 (土)

2013年2月14日 頭巾山・難所ヶ滝・宝満山トレラン

2013年2月14日(木)に難所ヶ滝に行きました。前回2月3日に行った時は滝の氷は全て溶けていて全くありませんでした。

今回は少しだけ回復していましたが、それでも多い時の2〜3割位でした。

2013214_sunntambit
↑ GPSデーター 距離11.07km

2013214
↑ 高低表 累積標高差1228m 時間2時間47分

0002
↑ 14時53分 昭和の森の下の駐車場に車を止めて出発。

0003
↑ 15時01分 坂を登って、上の駐車場を通過

0004
↑ 15時04分 舗装道から、頭巾山の登山口へ入る。

0005
↑ 15時13分 わかり易い道が続きますが、上の方は急斜面です。

0006
↑ 15時47分 登山口から43分で頭巾山の山頂へ到着。

0007
↑ 15時48分 縦走路に出て、宝満山方面の右へ行く。

0008
↑ 15時52分 縦走路を進み、途中難所ヶ滝に行くので右折します。

0009
↑ 15時55分 ロープのある滑りやすい下り。

0010
↑ 16時01分 難所ヶ滝の左上に出ます。

0012
↑ 16時04分 見上げた所ですが、上の方に少しだけつららがあります。

0011
↑ 氷の落下があちこちにあります。

0013
↑ 滝の氷は2割位か? 2月3日には全て溶けていましたので、また少し凍ったのでしょう。

0014
↑ 16時06分 滝の右の林の上に、少しつららがありました。

0015
↑ 16時12分 難所ヶ滝から縦走路までは、急斜面が続きます。

0016
↑ 16時17分 三郡山・宝満山の縦走路に出ました。宝満山方面の右へ行きます。

0017
↑ 16時21分 途中の長崎鼻

0018
↑ 長崎鼻から見る三郡山。

0019
↑ 16時24分 仏頂山通過

0020
↑ 気温は4℃です。 以外と暖かい。

0021
↑ 16時29分 平日の4時過ぎなので、宝満山山頂には誰も居ません。

0022
↑ 16時44分 山頂から水場(徳弘の井)まで下ります。

0023
↑ 16時47分 水場の左から、うさぎ道へ向う。

0024
↑ 16時55分 下って来て、うさぎ道は右折です。

0025_2
↑ 17時19分 河原谷へは左。

0026
↑ 17時26分 河原谷に出ました。左へ下ります。

0027
↑ 17時44分 駐車場へ到着です。

2013年2月 7日 (木)

2013年2月3日 難所ヶ滝・宝満山トレラン

2013年2月3日(日)難所ヶ滝から宝満山へトレランに行きました。

4日前の1月30日(水)に行った時にはまだ氷瀑は見れましたが、その後気温が高く1日(金)には暖かい雨が降った為、滝の氷は全て溶けていました

201323_sunntambit
↑ GPS画像 距離10.3km

201323
↑ 高低図 累積標高差1050m

0004
↑ 9時20分に昭和の森駐車場を出発し、うさぎ道分岐点で後続を待つ。

0003
↑ 登山道は渋滞している為なかなか来ません。

0002
↑ 9時59分 待っている間に記念写真。

0005
↑ 10時12分 小つらら前 氷は完全に溶けています。

0006
↑ 10時24分 氷はなくても人は多いので行列です。

0007
↑ 10時30分 難所ヶ滝の道は渋滞の為、沢から上ります。

0008
↑ 4日前までは沢山の氷でしたが、なにもありません!

0009
↑ 今回は20名で登ってきました。滝をバックに記念写真。

0010
↑ アップです(宮崎や大分から来た人もいましたが、氷が無くて残念です)

0011
↑ 滝の左から縦走路へ向います。

0012
0013
0014
0015
↑ 11時04分 縦走路を宝満山へ向います。

0016
↑ 11時14分 宝満山直下の岩場

0018_2
↑ 11時23分 宝満山山頂(難所ヶ滝で4名が下山したので16名)

0017
↑ これから正面の石段を水場まで下ります。

0019
0020
0021
0022
↑ 11時49分 水場手前の石段です。

その後水場横の谷を渡り、うさぎ道へ向います。

0023
↑ 12時26分 うさぎ道を上り、宇美新道分岐点。

0024
↑ 12時40分 先頭グループの7名です。

0025
↑ 12時52分 最後の川越えです。 渡っているのは橋ではなく水路です。下の川までは4m位あります。

0026
0027
↑ 16名中5名が通過しました。 素晴らしい!

0028
↑ 13時01分 林道を下って駐車場に到着

2013年2月 1日 (金)

2012年1月30日(水)難所ヶ滝トレラン

2012年1月30日(水)難所ヶ滝を往復しました。

昭和の森の上の駐車場から行くコースは現在伐採の為通行止の為、下の駐車場から行きました。

先週は冷え込んだのですが、今週は暖かい日が続き難所ヶ滝の氷も溶け気味です。

2月1日(金)は暖かい雨の予報!3日の日曜日は大分溶けているかも?

0002
↑ 14時56分 昭和の森の下の駐車場をスタート。

0003
↑ 15時09分 昭和の森上の駐車場から行くコースは、現在も通行止です!

0004
↑ 15時22分 うさぎ道分岐点まで26分で到着

0005
↑ 15時29分  小つらら横を通過。 ここは前回よりも氷は増えていました。

0006
↑ 15時30分 難所ヶ滝までは雪はありません。

0007
↑ 15時32分 難所ヶ谷分岐点

0008_2
↑ 15時34分 駐車場から38分で到着。

0009
↑ 暖かいので水滴が沢山落ちています。

0010
↑ 時々崩れて落ちてきます。 今週行かれる方は気を付けて下さい!

0011
↑ 前回よりも岩の見える所が少し増えたような・・・

0012
↑ 15時46分 うさぎ道分岐点。 先週あった雪だるまの雪が、少しだけ残っていました。

0013
↑ 16時02分 往復1時間06分で駐車場に到着。

今週は暖かいので溶けると思いますが、寒波がくるとまた凍りつくと思います。

2013年1月22日 (火)

2013年1月20日 難所ヶ滝・宝満山トレラン

2013年1月20日(日)に難所ヶ滝から仏頂山・宝満山のトレランに行きました。

トレランの後は一期一会の新年会を行います。トレランは5名で実施。

2013120_sunntambit_2
↑ GPS画像 距離9.28km

2013120
↑ 高低差表 累積標高差866m

0002
↑ 9時28分 昭和の森の下の駐車場から出発

0003
↑ 9時54分 駐車場もいっぱいでしたが、沢山の人です。

0005
↑ 9時56分 うさぎ道分岐点

0004
↑ かわいい猫? 上手です!

0006
↑ 10時10分 難所ヶ谷分岐点。 左へ行きます。

0007
↑ この後の上りは渋滞していました。

0008
↑ 10時13分 難所ヶ滝へ到着

0009_2
↑ 立派な氷瀑です!

0010
↑ おいしそうな氷ですね。

0011
↑ 見上げた所。

0012
↑ 10時23分 滝の前で記念写真。

0013
↑ 10時26分 滝の左から縦走路へ向います。

0014
↑ 10時39分 縦走路(三郡山方面)

0015
↑ これから向う宝満山方面。

0016_2
↑ 10時50分 基本、雪でも走ります。

0018
↑ 10時51分 仏頂山へ到着。 以外と暖かく0℃でした。

0019
0020
0021
0022
↑ さて下りは、誰が上手でしょう。

0023
↑ 10時56分 下りは当然滑ります!

0024
0025
↑ 10時58分 宝満山直下の鎖場

0026
↑ 11時00分 宝満山山頂

0027
↑ 山頂で記念写真

0028
↑ 11時23分 山頂から羅漢巡りの方へ下ります。

0029
↑ 11時29分 うさぎ道経由で河原谷へ向います。

0030
↑ 11時46分 河原谷へ出ました。左へ下ります。

0031_2
↑ 猫の雪だるまが、また来てねと言っています!

0032
↑ 12時16分 駐車場へ到着。 その後須恵町のお風呂へ行き13時30分から宴会開始。

0033
↑ 昼からの人も合流し、宴会は6時間続きました(^O^)。 楽しい1日でした。

2013年1月16日 (水)

2013年1月10日 難所ヶ滝トレラン

1月10日(木)難所ヶ滝に氷瀑を見に行きました。

積雪はありませんでしたが、気温の低い日が続いたので滝は凍っていました。

2013110_sunntambit
↑ 距離6.8km 時間1時間25分

2013110
↑ 高低表 累積標高差592m

※現在昭和の森駐車場から草ヶ谷ダムの左を巻いて行く道は、森林伐採の為通行止になっています。(3月位まで?)

なのでバンガロがある方へ下っていくか(池の手前から右へ下る)、下に車を止めて林道を行くかになります。

0002
↑ 14時13分 昭和の森駐車場、平日の昼過ぎなので車はいませんでした。

0005
↑ 何箇所も通行止の知らせがありましたが、行ける所まで行ってみる事にしました。

0004
↑ 図で通行止箇所の説明が

0003
↑ 14時19分 しかしこれでは入れません。チェンソーの音もしています。結局引き返してバンガローのある方へ下りました。

0006
↑ 14時47分 うさぎ道の分岐点

0007
↑ 14時54分 右手の小つららも凍っています。

0024
↑ 14時58分 難所ヶ谷分岐点

0008
↑ ここまで雪はありません。

0009
↑ 14時59分 難所ヶ滝へ上る急斜面は凍っています。

0010
↑ 15時00分 期待以上に凍っていました。

0021


0011
↑ 滝を水が流れる様に凍っています。

0012
↑ 滝の下の方

0013
↑ 見上げた所

0014
↑ 鍾乳石の様な凍り方

0015


0016
↑ 何本もの氷の柱が重なっています。

0017


0018


0019


0020
↑ 透とおって、とても綺麗な氷です。

0022
↑ 15時23分 帰りの下りで、通行止の反対側です。

0023
↑ 15時38分 駐車場に到着。 誰も居ません。

寒さが続けばもっと滝の氷は成長するでしょう(^O^)

※最初に書きましたが、通行止がありますので(2013年1月10日現在)行かれる方は確認されたがいいと思います。

2013年1月11日 (金)

2013年1月1日 宝満山初日トレラン

今年の始めとして、宝満山に初日の出を見に行こうと計画しましたが、あいにく天気は雪で初日の出は期待薄です。

0002
↑ 1月1日の朝5時に竃門神社の駐車場に集合

0003
↑ 5時17分 竃門神社本殿にお参り

0004
↑ 5時18分 スタートです。

0005
↑ 他の人は本格的な山装備で登っています。

0006
↑ 5時39分 スタート時寒かったので、厚着の為皆さん暑そうです。

0007
↑ 6時03分 水場で小休止。

0008
↑ 6時07分 寿々つなぎで登って行きます。

0009
↑ 6時11分 だんだん雪が深くなってきました。

0010
↑ 6時12分 ライトの光が連なって綺麗です。

0011
↑ 6時22分 途中では夜景も見れました。

0012
↑ 6時33分 百段雁木を元気に上る。

0013
↑ 7時15分 頂上に着く前に明るくなりました。

0014
↑ 神主さんが礼拝されています。

0015
↑ 7時17分 もうすぐ日の出ですが、東の空にはガスが掛かっています。残念!

0016
↑ 7時30分 西の空は晴れています。 初日の代わりに月が輝いていました。

0017
↑ 7時37分 皆で集合写真

0018
↑ さっち〜会心の書です。九州爆走女スバラシイ!

0020
↑ 7時44分 頂上の神社にお参りです。

0019
↑ その後御神酒を頂きました。

0021
↑ 神主さんは寒くないのかな?

0022
↑ 7時52分 そして山頂からキャンプ場へと向います。

0023
↑ キャンプ場で休憩。 コンロでお湯を沸かして温まりました。

0024
↑ 山小屋の中に、九州の山の標高図がありました。九州で一番高い山は屋久島の宮之浦岳です。 最後の方に宝満山もあります。

0025
↑ 8時48分 私は昼から仕事の為下山、他の人は難所ヶ滝へ向います。

0026
↑ 9時04分 福岡市方面は天気は良い様です。

0027
↑ アイゼンなしで走って下りますが、所々凍ってツルツルでした。

0028
↑ 9時36分 竃門神社へ到着

0029
↑ 竃門神社は皆さんご存知縁結びの神様です。(いつも若い女性が多いです)

0030
↑ 社務所も新築して綺麗になりました。

2012年12月14日 (金)

2012年12月3日 井野山トレラン

この頃の練習コースは井野山です。

井野山の標高は236mで、上り高低差が200m、距離は登山口から2km、自宅から登山口までは約1km。

井野山を2往復して、距離約10km、累積標高差で400mです

2012123_sunntambit
↑ GPSデーター

20121232
↑ 高低表(気圧の関係で標高がマイナスになっています)

2012123bmp
↑ SUUNTO AMBIT 時計心拍データー

本人は少しキツイ位と思っていましたが、心拍計のデーターでは平均心拍数156で最大にキツイとなっています。

トレイルランニングの負荷として、5.6kmのリュックを背負って走っています

0019
↑ 練習用のリュック

0020
↑ リュックの中には2Lのペットボトル2本と300mlを2本入れています。

0002
↑ 井野山の登山口 (2往復目は信号で折り返します)

0004
↑ 信号から150mの所に柵があり、ここから先は車両通行止です。 左を抜けて走ります。

0005
↑ アスファルトの道を上ると広場へ出、その先に155段の階段があります。 当然ここも走ります。

0010
↑ 階段を上がると山頂で、遮る物がなく360度の展望です。

0011
↑ ひばりヶ丘団地、桜ヶ丘団地と先は福岡市方面 (以下の写真は時計回りの景色です)

0012
↑ 岳城と若杉山方面

0013
↑ 若杉山、しょうけ越、砥石山と須恵町方面

0014
↑ 三郡山、宝満山方面

0015
↑ 四王寺山と乙金山 (こちらは山です)

0016
↑ 大野城市方面

0017
↑ 春日市方面

0018
↑ 福岡市のアップ映像(福岡タワーが見えます)

0008
↑ 広場から少し下った所にトレイルもあります。(ミラーから右へ入る)

11月の末から2日に一回のペースで走っています。

2012年12月 9日 (日)

2012年11月23日 四王寺山トレラン&井野山鍋会

11月23日(金)祭日に四王寺山のトレランと、井野山で山鍋をしました。

メンバーは典子さん・小原さん・関さん・ヤップさん・マリアさん・由美と私の7名です。

メインは井野山での鍋会で、その前に軽く四王寺山のトレランを実施。

20121123_sunntambit
↑ 四王寺山は周回出来るオールトレイルで、距離6km位・累積標高差で400m位あります。

20121123
↑ 高低表 県民の森スタート&ゴールです。累積標高差482m

0002
↑ 10時46分 県民の森センターを出発。 マリアさんはバードウォッチングで別行動。

0003
↑ 10時52分 センターから土塁コースまで登る。 6名で出発。

0004
↑ 10時59分 もみじ谷経由で周回コースへ

0005
↑ 11時04分 土塁コースへ登り、反時計回りで周回です。 もみじは散っていましたが、落葉が綺麗でした。

0006
↑ 11時31分 コースを半周した下りです。

0007
↑ サロモンの最新リュックにストックをさして実地検証中。

0008
↑ 下りは快適に走れます!

0009
↑ 14時45分 小石垣で小休止

0010
↑ 11時47分 急な登りが続きます。

0011
↑ 北石垣までもう少し

0012
↑ 11時52分 北石垣です。 数年前に綺麗に修復されました。

0013
↑ 11時54分 杉林の中の滑りやすいトレイル。

0014
↑ 11時56分 百間石垣までの急な下り。

0015
↑ 11時58分 車道を渡った所の紅葉と小川。

0016
↑ 12時04分 百間石垣の横から行きます。

0017
↑ 12時05分 その後は急な登りが大城山まで続く。

0018
↑ 12時24分 四王寺山最高点の大城山。 (410m)

0019
↑ 12時30分 展望台からの景色。 福岡空港へ着陸する飛行機が同じ高さで飛んでいます。(水城の堤防も良く見えます)

0020
↑ 12時35分 周回コースを回り、もみじ谷へ戻ってきました。

0021
↑ 来た道ではなく、もみじ谷を真直ぐ下ります。

0022
↑ 12時42分 もみじ谷の入口。 紅葉は散っていて残念ですが、落葉もいい風情があります。

0023
↑ 12時46分 車道脇の木も綺麗です。(心霊写真ではありません(^O^))

 

0025
↑ センター奥に遅れた紅葉の木があrました。

0024_2
↑ これから、みかさの湯へ行き井野山へ向います。

0026
↑ 15時27分 井野山は車両通行止で、距離2km高低差200mを荷物を持って登ります。

0038
↑ 山頂は遮る物がなく、360度の展望です。 左奥の山は宝満山。

0027
↑ 15時44分 乾杯をして鍋の準備。

0028
↑ 今回は典子さん準備の黒豚のしゃぶしゃぶです。

0029
↑ マリアさんも沢山手料理を持ってきてくれました。感謝!

0030
↑ 17時43分 日が沈みました。(春日市方面)

0031
↑ 当然山頂は私たちだけです。

0032
↑ 夜景が輝いています。

0033
↑ 夜景に負けず綺麗

0034
↑ 集合記念写真です。

0035
↑ そんなに寒くはなかった。

0036
↑ オランダからヨットでやってきたヤップさん夫妻

0037
↑ 楽しい1日でした。 またやりましょう(^O^)